ほろ酔い老舗巡り。酒好き女子の飲み歩きブログ

日本のごはん・蕎麦屋・飲み屋・おいしいもののメモ。ときどきアートや旅の話

歯ごたえ、旨み、ハンパない!江ノ島「食堂いのうえ」で巨大「サザエのつぼ焼」体験

f:id:mamiwa02:20160713004041j:plain

夏になると取り敢えず足を運ばずにられないのが、江ノ島

なんて言いながら、江の島駅周辺に来ることはあっても、実際に江ノ島を観光したり散策したりといった経験をした記憶がなく……。

今回は念願かなって丸一日遊んできた。江ノ島弁天橋をわたり、いざ江ノ島。橋を渡るとすぐに、「ザ・日本の観光地」なお土産やさんや飲食店が並んでいる様子に浮足立つ。

そして、B級グルメや食べ歩きフードもいたるところにある。特に、海鮮を焼く香ばしい醤油の香りには、到着早々、ビール欲を駆り立てられる。

が、しかし、昼酒をゆっくり味わうために、とりあえず我慢。生シラスとか、ご当地グルメが楽しめて、ゆっくりお酒が飲めて、味わい深い佇まいのよき店を目当てに歩いた。そして、同行者のあの辺に店が何件かあった気がする…といううっすらとした記憶と、最後はカンで選んでたどり着いたお店が大当たり。

その名も「食堂いのうえ」だ。

新鮮な魚介類がウリの昔ながらの雰囲気が漂う小さな食堂。

まずは、やっぱり、生シラス(しょうが醤油で)。そして、瓶ビールをオーダー。昼からのこの組み合わせは、お酒好きにとってはもう、天国。仕事が忙しくて週末が待ち遠しかっただけに、言葉にならないくらいの至福の瞬間であった。

が、この後、この幸せが絶頂を迎えることを私はまだ知らなかった。

それはなんの飾りもなく、目の前に置かれた。「サザエのつぼ焼き」だ。とにかく、まず目の前に置かれると、巨大なことに驚く! 

一瞬、え?と思った後に気が付く、大きいー!と。

おいしいエキスたっぷりの液体の中に隠れているサザエ。取り出してみると、奥までシュポッっと出てきた。高まる気持ちを抑えきれず、一口食べてみると、歯ごたえが半端ない!そして、噛めば噛むほど、磯の旨み!本当に、いま思い出すだけでも興奮してくる衝撃体験であった。

このあと、煮魚もオーダーする。家ではなかなかできないな、と思うほど味がしっかりしていて美味であった。

ちなみにいのうえはどのメニューも定食は1000円前後、サザエは700円〜900円。単品も数百円〜と良心的な値段。

テンションはあがりっぱなしでビールが進んだ昼酒。

いのうえに来るためだけに、江ノ島、また来ちゃう――。そう思う店だ。

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

食堂いのうえ

横浜中華街でシャンパンの芳香に酔いしれる。デートにぴったりの高級中華

初めて横浜中華街にある老舗「聘珍樓(へいちんろう)」に連れてきてもらった。と、そのエキゾチックで重厚な雰囲気の店内に、メニューも開かないうちからまた来たい「大人のお店リスト」にランクイン。

明るすぎず暗すぎず、落ち着く、というか、ちょっぴり妖艶な雰囲気すらする照明の中で、分厚いクロスが掛けられた丸テーブルと半円形のソファ席につく。マネキンが笑みを浮かべたような黒いスーツのウェイターたちが姿勢よく動いている風景は、映画の中に飛び込んだかのようだった。

お客は、カジュアルな装いの30代らしきふつうのカップルもいるけれど、品よく白いハットを身に着けている老婦人と旦那様、とか、又吉か?と見間違うようなおひとりさまの30代後半と思われるロンゲ(死語!?)男性とかを見ると、やっぱり、普通のレストランとは違う客層の濃さ。映画の登場人物さながらだ。

料理が来る前からそんな風景を眺めているだけで、十分楽める。

できれば、又吉風のあのロンゲさんみたいに、一人で来て本を片手にワインを飲みながら、こっそりお客を眺めていたいと思ったが、うーん、まだ金銭的にもその他の意味でも不文相応な気がする。

でも、彼、そんなに私と年齢は変わらなそうだった。どんな仕事をしている人なんだろ。と、ビールを飲みながら思っていた。

そんななか最初の料理がテ―ブルへ。

どんなにおいしいだろう、期待が高まり過ぎていたのか、とりあえずオーダーした小籠包と焼き餃子は、意外と普通に美味しい程度の味だった。一緒に並んだ青菜炒めは、しっかり味つけされているけどしつこくない、しょっぱくもなく、上品な味わい。

恋人が2杯目のビールを飲みながら、昔話を始めた。10年くらい前の話だそう。

数歳年上の女性のいとこと、聘珍樓に来たときの話だった。

大学教授をしている、そのいとこは、40歳を迎えたばかりだったそうで、恋人に、結婚したい、自分の遺伝子を残したいけど相手がいない、そんなありきたりとえいばありきたり、なんだけど本人にとってはきっと真剣な悩みを打ち明けたそうだ。

別段仲が良いわけではなかったので、そんなことを相談されて、少し驚いた、と恋人。

でもなんかわかる、この店は「自分の遺伝子を残したい」なんて打ち明け話だってついしてしまいそうな雰囲気。ちょっぴり妖艶さに加えて、中華というのがいいのか。

和食を食べながらはなんだか重い。フレンチは少しカタい。イタリアンでは軽い。大衆中華じゃ雑音にかき消される。居酒屋はありえない。やっぱり高級中華とこの妖艶な雰囲気がどんぴしゃだ。

そんなことを考えていたが、香りだけで酔いそうなくらいうっとりする芳香のシャンパンを皮切りに、わたしたちにおいしい幸せな時間が嵐のようにやってきた。

こんがり焼けた鴨肉のローストは、すごいボリューム!甘めの梅ソースがシャンパンに合う!と思いながら、完食し、海鮮チャーハンのスープがけもあっという間にたいらげた。どれも期待を上回ってくれる味。

雰囲気もシャンパンや料理の美味しさも文句なしでデートにぴったりの店だった。

ちなみに恋人のいとこは、残念ながら遺伝子は残せなかったそうだが、何年か後にはめでたくご結婚されたそうだ。

 

横浜聘珍樓

肝の佃煮と熱燗の黄金コンビを楽しむ昼下がり。うなぎや「両國」へ

両国駅から徒歩数分のうなぎや「両國」。お相撲観戦前に連れて行ってもらった店。

下町感溢れる店内に期待が高まる。

まずはビール。肴は肝の佃煮ともずくしかないそうで、迷わずオーダー。目の前で焼いているかば焼きの匂いをかぎならが、肝をつつく。わーこれは日本酒を飲むのが楽しみだ。ビールがあくと迷わず熱燗にチェンジ。酒飲みならだれもが認めるだろう黄金コンビを堪能したところで、うな重を。

お重をパカっとあけてキラキラの鰻をごはんをほおばった瞬間に思ったことが忘れられない。

「やさしい味がする……」

あぶらののった鰻がふっっっわふわなのも「やさしい味」の一因に違いないのだろうけど、そういう言葉で表現できるものを超越している何かが宿っているようなうな重だった。

たしかにさ、たまーにさ、ものすごくお腹が減っているときに炊き立てのごはんを食べて泣きそうになる、なんてことが、なくはない。それの類かと思い、「やさしい味」の正体を見つけるべく続けて箸を進める。

「うぅ、さっきよりやさしい味がする……ふわふわだし」

なんだかもう、食べれば食べるほど、胸がいっぱいになってきて、ますます泣きそうになってしまう。それくらい美味しい。

やさしい味の正体をさぐるべく、どこかにそのヒントはないかと、今度は、うなぎを焼くオヤジさんを見つめてみた。でも、意外にポーカーフェイス。笑みや愛想を浮かべるわけでもなく、かといって、職人気質のガンコオヤジの真剣なまなざし、とかでもなく、なんか、近所のコンビニで買い物してるオヤジさんのような……(注:焼いてる最中は違うかもしれません)。

それだけ、鰻を扱うことが、日常のことになっているんだろう。ひょっとしたら、そんなリラックスした?彼の姿勢が鰻に乗り移ってる?思わず肩の力が抜けるような、ほっとする味。

結局その真相ははっきりとわからないけど……。

ポーカーフェイスから生まれる、やさしい味がするうな重。そのコントラストを楽しみながら、私は最後まで、泣きそうになりながら、うな重を完食した。たぶん、誰にも見られないところで、ひとりで食べてたら泣いちゃったかも。元気がないときに行ったら心まで元気にしてくれそうな鰻だと思った。

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

 

両國

 

ハートランドとエビカレー。神保町のカレー屋「エチオピア」に辿りつくまで

 

f:id:mamiwa02:20160507230956j:plain

おいしいお昼ごはんが食べたい。

そう思って、神保町をひたすら歩いていた。

ただただ、おいしいごはんが食べたい。

ただそれだけのシンプルな願いなのに、慣れない街のためか、出くわすのはチェーン店かラーメン屋ばっかり。納得のいく店がみつからない。

しかも、夜は焼肉に行く予定だったから、肉が選択肢から外れるわ、GW中でシャッターを下ろしている店もあるわでさらに店探しのハードルは上がっていた。

本屋とラーメン屋と、シャッターと、バカでかい都会の道路をながめながらひたすら歩いた。

それなのに、どうにもこうにも、よい店がみつからず時間も時間だし……と、私たちは、とうとう自分たちの信念をまげて、チェーン店らしき蕎麦屋の扉を開いた。が、その瞬間、2人の足は固まる。無機質な券売機。窮屈そうな座席。小綺麗だけど個性のない店内。心地のよくない、ファーストフード店のようなガヤガヤ感。

「ココはオレたちの求めている場所ではない」

声にしなくても彼氏がそう思っているのがわかった。私も同じだった。

私たちは、席につくことなく、店を後にして、また歩く。

しばらくして、ふと、お昼ごはんを探す前の時間に、「定食」という看板を見かけたのを思い出す。力を振り絞って私の危うい記憶のなかの「定食の看板」を目指すことに。途中、何度か道を間違えながら、おぼろげな記憶の地にたどり着いた。

が、定食の看板は見つからず……。時刻はすでに、3時に近いから閉まってしまったのかも。でも、なんとなく、チェーン店でもラーメン屋でも肉料理でもないお店がチラホラ。そんななか、彼が一言。

「このカレー屋、なんでこんなに混んでるんだろ」

この一言がきっかけで、こじんまりとしているけど窮屈さを感じさせないこのカレー屋の2Fの窓際に腰掛けて「エビカレー」を待つことになった。

彼氏は先に酒とつまみに手をつけてからあとでごはんを食べるオジサンスタイルが基本なので、わたしもあわせてサラダをつつきながら、ハートランドを飲む。

彼氏は「カレー、気持ち遅めてでお願いできる?」なんて店員さんに言っちゃてるもんな。でもおかげで、笑顔で「気持ち遅めですね」と言ってくれる、おねえさんの優しさにふれながらビールののどごしを満喫した。

店の名前は「エチオピア」。

店内では女性がコーヒーを注いでいるモノクロのポスターがエチオピア感を高めていた。コンパクトなテーブルと、椅子。いると落ち着く、昭和っぽい店内だ。

エビカレーがやってきた。普通、シーフードカレーとかそういう類のカレーって、お決まりのようにシーフードの量はもうしわけ程度なのだけど、この店のは違う。

「食べれば食べるほどエビが増えているような気がする」

なんて彼氏が言っていたが、それほど、かみごたえのあるエビがゴロゴロ。そして、スパイスと玉ねぎの旨味が凝縮されたさらさらのルーと硬めだけどモチリとしたごはん。どちらもつやつやしている。

f:id:mamiwa02:20160507230843j:plain

窓から見えるのは、エチオピアの看板に、街路樹の緑、床屋の青と赤と白の壁。景色までがお店と一体化している。

f:id:mamiwa02:20160507230906j:plain

濃紺で縁取られたお皿もかわいくて、この店いいな、って思った。ちょうどそう思って皿について彼氏に話しかけようして、わたしよりひと足早く、スプーンが進んでいる彼氏の皿を見ると、カレーから「エチオピア」の文字が覗いていたのだ。すてきな遊び心をもちあわせた皿。めっちゃツボ。カレーめちゃくちゃ美味しいんだけど、美味しいだけじゃなくて、こんなふうにささやかな面白みがあるお店っていいな。

f:id:mamiwa02:20160507231411j:plain

途中、信念を曲げてしまったけど、それでもあきらめずに歩き続けて本当によかった。そう思わせてくれる店だった。 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

手打ち釜揚げうどん 鎌倉みよし

カリーライス専門店 エチオピア

鎌倉で昼のみできるうどん屋。銘酒がズラリそろう「鎌倉みよし」

f:id:mamiwa02:20160501013436j:plain

おいしい日本酒を片手に、プルプルのうどんが食べたい。

そんな願望を抱いた土曜日。

習い事を終えてともだちと鎌倉のうどんやさんへ向いました。呑んべいのためのうどんやさん(私のなかでは)とも言えるお店が、鎌倉の小町通りにある。

カウンター席だけの小さなお店。ラッキーなことにお庭がみえる端っこの席、酒飲みの女ともだちと腰掛ける。

「最近さー、丼屋さんとか言っても、つまみ頼んでお酒飲んで、しめにごはん食べるんだよねー。おじさんぽいよね」と友人。

わかるわかるとうなずくわたし。そしてそんな二人がそろうこの日ももちろん、おじさん的コース。

まずは、ビールを、彼女は日本酒を。

そして、のんべいにたまらないラインナップの肴の中からいくつかオーダー。この店は、ただうどんが美味しいだけではなく、日本酒とお酒のつまみが豊富でリーズナブルなのだ。とりあえず、焼き味噌と釜揚げしらすを頼む。

飲みモノがやってきて、ビールと日本酒で乾杯。一応、なんとか社会人をやっている身分。まだ17時過ぎから飲むお酒は美味しすぎる。

続いて、私も日本酒へと杯を進めます。ここからは、ふたりで、メニューにある「季節の日本酒」を数種楽しみむ。

来福。

花見口万(はなみろまん)。

賀茂金秀(かもきんしゅう)。

遊歩。

日本酒は一号ではなく、片口もしくはグラスで120CCなので、たくさん種類が飲めるのだ。ちょい飲みできる70CCもあるが、この日はとりあえず全て120CCで。

つまみは、焼き味噌と釜揚げしらすに続き、あまだいの干物と、いぶりがっこを。そうそう、てんぷらも食べたっけ。

f:id:mamiwa02:20160501013447j:plain

「遊歩」という石川県のお酒が、とくに気に入ったので、おかわりして、満足。

オジサンスタイルで、しめに、けんちん汁のつけうどんを半分していただく。もちろんうどんもコシがあって絶品だ。

f:id:mamiwa02:20160501013459j:plain

薬味がたっぷりでうれしい!プルプルのうどんと、日本酒、幸せ!お酒好きの女ともだちと過ごす時間、幸せ!

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

手打ち釜揚げうどん 鎌倉みよし