旅、お酒、浮世絵のはなし

日本のお酒・グルメ、伝統文化などに焦点をあてた紀行文やお出かけ情報をつづります。よく行くスポットは鎌倉、逗子、東京の下町など。

10月に開催された鎌倉のオクトーバーフェスト、ほかとどう違う?

市役所前で行われた鎌倉のオクトーバーフェストに行ってきました。

毎年10月に行われているらしく、ちょうど通っている鎌倉彫の教室がある日あり、昨年に続き、今年も足を運んできました。どうやら毎年10月の第1週に開催されている模様。出店するブリュワリーは「鎌倉ビール」をはじめとする神奈川のブリュワリーと東北や九州、中国地方など国内のブリュワリー。サントリーも出店していました。フードは鎌倉の地元のお店が多かったかな。

一緒に行ったのはビールが苦手な友だちだったんだけど、ドライで苦味が際立つラガービールに比べ、香が豊かなエールビールはわりと飲めるらしく(お酒じたいは好きな子)、フードのビールを楽しみました。

まずは、サントリーのエールビールで乾杯。

続いて、黄金井酒造の「さがみビール」で「セゾン」という種類のビールをみつけて、飲みました。

この「セゾン」というビール、わたしは大好きなんです。柑橘系のようなさわやかな味わいなんだけど、ほどよい苦味やコクがあってしっかりとした味わい。

友達にすすめたら、サントリーのエールビールより飲みやすい、おいしいーと言ってもらえてすごくうれしかったよ。

フードはだいたい500円とお手頃なのがうれしい!鎌倉ハムのハム・ソーセージもりあわせや牛タンの串焼き、チリビーンズ、葉山牛すじ煮込みなどをビールとともに。どれも量はそんなにないんだけど、500円という値段を考えるとかなりお得。

大きなオクトーバーフェストでは、フード1500円とか当たり前らしい(その分量もおおいが)ので、それを考えるといろいろなものが味わえるし、コスパがいいのかも。地ビールは1杯800円とそこそこのお値段。ただしハーフ400円でも飲めるので、これまたいろいろな種類を楽しめるのがありがたい。

ただ今回は給料日前で、ビール好きとしてはあっというまに使い込んでしまいそうなので、早めに退散しました。

でも来年も行きたい。次は思う存分飲めたらいいな。