旅、お酒、浮世絵のはなし

日本のお酒・グルメ、伝統文化などに焦点をあてた紀行文やお出かけ情報をつづります。よく行くスポットは鎌倉、逗子、東京の下町など。

大阪・新世界近くでセンベロ

f:id:mamiwa02:20171016184935j:image

 

10月14日(土) 

 

あべのハルカス美術館」で開催中の葛飾北斎の「北斎-富士を超えて」を見に、週末大阪にやってきました。

 

北斎についてはのちのち書くとして、先に食べたものメモです。

 

早朝に着き、あべのハルカス美術館で鑑賞後に立ち寄ったのは、通天閣。串焼きやさんに入ったのだが、口に合わず、早々退散し訪れたのは「酒の穴」。200円~300円前後のメニューが豊富のオジサンご用達の店だ。

 

メニューは八宝菜が有名らしい。ただし、酒を満喫したいので、八宝菜はシメにとっておこう。

 

飲み物は2件目ということもあり、彼氏は日本酒のぬる燗、わたしは黒ビールを。ちなみに小ビンのビールは300円、大は600年なとドリンク類も全てお財布に優しい価格であるのがうれしい。

 

さて、まずオーダーしたのは、どて焼きと、ふき煮。

 

f:id:mamiwa02:20171016185002j:image

 

ちびちび飲みながら、常連さんらしきオジタマ達をかんさつしながら、リラックス。そう、ここは、とてもリラックスできる店でもある。

 

雑誌にも掲載されており、かの吉田類氏も訪れており、通天閣周辺ではそこそこ名前の通っているよう。とはいえ、肩肘はらず、ひとりたろうが、オンナだろうが、ふらっと立ち寄って酒とつまみを愉しめる安らぎの雰囲気が充満していてとても心地が良い店だ。

 

おまけに、つまみは210円からと、近所にあったらどんなに幸せだろうと夢を見ずにはいられない。

 

ビールのあとは、ひたすら焼酎の芋割ロック。最初に梅干し入れて、おかわり2回した。

 

f:id:mamiwa02:20171016185020j:image

 

久々にヘパリーゼを飲んでおいたんだけど、彼氏に「おっヘパリーゼ飲んだだけあるじゃん、今日は気合い入っているね」といわれつつ、上機嫌でぐいぐい。

 

その後は、ほうれん草のお浸し、おでんの大根、牛すじ、梅焼きという梅の形をした蒲鉾を食べた。梅焼きはハンペンとパンを足して割ったようなおいしく不思議なタネだった。その後は肴にぴったりのふぐ皮ポン酢をオーダーし〆、の前に八宝菜をいただく。

 

f:id:mamiwa02:20171016185043j:image

 

あまみがあって、スープのようにやさしい味がした。ちなみに営業時間は朝8時から!夜は21時まで。

 

おいしくてくつろぎの時間をどうもありがとう。

 

酒の穴