ほろ酔い老舗巡り。酒好き女子の飲み歩きブログ

日本のごはん・蕎麦屋・飲み屋・おいしいもののメモ。ときどきアートや旅の話

ごはん粒にも惚れた。鶯谷「蒲焼割烹 根ぎし宮川」の絶品うな重

f:id:mamiwa02:20180108220833j:image

久しぶりに鰻を食べた。足を運んだのは鶯谷にある老舗「蒲焼割烹 根ぎし宮川」だ。

本当は蕎麦が食べたかったのだが、あいにく、目当ての店が日曜定休ということで、では鰻はどうだろうかと、調べてみたところ、コチラのお店を見てピンときたのだった。

店構えは、少々敷居が高く見えなくもないが、扉をあけると、テーブル席の和の内装でとても落ち着く雰囲気。店員さんの接客もとても気持ちがよくくつろげそう。お客は家族連れや夫婦が多かった。

さて、なにはともあれ、休日とくればお酒。ビールを飲みながら、何を頼もうか、悩む。やっぱり「きも焼き」ははずせないかな、と思っていたのだが、あいにくこの日は用意できないそうで……。代わりにうざくとおつまみ三点盛りを。

きも焼き食べたかったけど、うざくも美味!とてもあっさりした味付けで、鰻じだいの美味しさが際立つような仕上がりの一品だった。

おつまみ3種は、カズノコとローストビーフと、サーモンで卵を巻いたお料理。

f:id:mamiwa02:20180108221045j:image

とっても上品な量なのですが、日本酒とともにちびちびといただくのにはちょうどいい。どれも素材を生かした味付けで美味しいです。
お酒を堪能したところで、ついにうな重へ。こちらでは2,500円から5,000円くらいの、4種類のうな重があるのだが、鰻が違うわけではなく、量の違いだとか。2,500をお願いしたのだが、女性はこのくらいが適量かも。鰻もごはんも十分に楽しめる。

f:id:mamiwa02:20180108221014j:image

鰻は身がしまっていて、ちゃんと味がして、美味しい。タレは控えめで、鰻の旨味がふわりと口の中に広がる。

また、感動したのが、ごはん。少し硬めの絶妙な炊き加減で、タレが絡められている。タレが混ざっているごはんは、ちょっとふやけてるいるような印象で個人的にはあまり好きではないのだが、ここのは、ものすごく美味しい。

ふやけていないなのは当たり前だが、逆に、米一粒一粒の存在感というのだろうか、しっかり感じられて、口の中で米粒が踊っているかのよう。美味しすぎていくらでも食べられるごはんだ。恐らくものすごくこだわって炊いているんだろうなと思った。

肝吸いやデザートもやさしく上品な味わいで大満足。

「蒲焼割烹 根ぎし宮川」は1941年(昭和16年)創業。「つきじ宮川本廛」暖簾分けとして根岸で創業したそう。その後、2001年から鶯谷駅より徒歩3分の現在の地で営業。2016年に建て替えしたそうだが、新しくなっても和の落ち着いたたたずまいで、ゆったりくつろげる雰囲気だ。そして、そんな雰囲気の中で、たったの2,500円で美味しいうな重が食べられるなんて、とてもコスパがいい。

こんな素敵はお店があるなんて、今回はゴッホ展に行くために上野に足を運んだのだが、また、鶯谷もブラブラ散策したいなぁと思った。

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

根ぎし宮川
営業時間11:00~21:0
定休日:火曜日 (御予約の都合で変更する場合あり)
住所:東京都台東区根岸1-1-35
アクセス:JR鶯谷駅 南口より徒歩3分、JR上野駅 入谷口より徒歩5分、地下鉄日比谷線入谷駅より徒歩5分

Google マップ