ほろ酔い老舗巡り。酒好き女子の飲み歩きブログ

日本のごはん・蕎麦屋・飲み屋・おいしいもののメモ。ときどきアートや旅の話

全部おすすめしたい。美味しいもの三昧の赤羽飲み歩き日記

f:id:mamiwa02:20180312003812j:image

今週末、赤羽を放浪してきました。

酒場好きとしては一度は行ってみたいなと思っていた場所。

駅に着いてまっすぐ向かったのは鯉とうなぎ料理で知られる居酒屋「まるますや」。居酒屋が密集している「一番街」にある超有名店だ。

f:id:mamiwa02:20180312003843j:image

覚悟はしていたのだが、やっぱり並んでた。

なんだかんだで30分ほど待ち入店。

1階へ案内される。1階はコの字のカウンターが2つある仕組みで、壁には赤文字でメニューがズラーっと貼られている。鯉料理や鰻だけでなく、揚げものや煮物や和え物などメニューは豊富。鯉の洗いを頼んで、とりあえずハイボールと日本酒で乾杯。

まるますやには2つのルールがある。

1.他の店で飲んできた人は入店できない

2.ドリンクは1人3杯まで

そのため、どうやったらおいしくたくさん飲めるか計算しながらオーダーしなくてはいけない。お店のおかみさんに「はいこれで最期だよ」とか「あと1本ね」とか言われながら杯を進める。でも1Lのチューハイボトルとか、瓶ビール大も1杯扱いなので、そういう裏技?使うと結構飲める。

お客はまさに老若男女!若い人からおじいさんまでいるし、まるますやではお食事だけも歓迎!とうたっており、小さな子供を連れた家族連れまでいる。

鯉の洗いに続いて、食べたのが鰻の肝焼き。

f:id:mamiwa02:20180312003859j:image

これは……、さすがに美味しい。もちろん日本酒とともに。こんがりとした焼き加減と苦味と旨みが三位一体となって、踊ってる……。もう1本食べたいくらいだった。

それにしても、肝焼きってありますか?と聞いたら、「はい、今焼いてるからね~もうすぐだから待っててね~」とおかみさん。そして「はい、肝焼き食べる人!!肝焼き食べる人!」と掛け声。へ?挙手制かい!!と心の中で突っ込まずにはいられなかった。

あとは、鯉の煮付けとかにみそとモズク酢で〆。

お酒は2人でハイボール1杯と熱燗を5本。しっかり1人3杯飲んだ。

創業は昭和25年とのこと。60年の老舗だが、なんか、もっと前からこの地にあったような佇まいだったなぁ。

その後は、小さなおでんの店に入って、もう少しお酒を楽しんだ。

次の日に向かったのは、立ち飲み屋の「丸健水産」。ちょうどお昼どきということもあったのか、こちらも行列ができていた。 

f:id:mamiwa02:20180312004021j:image

丸健水産では、先にドリンクとおでんをオーダーすると、立ち飲みスペースに案内される。ごっそりと煮込まれ、ほわほわ湯気をかもしているおでんはしずる感たっぷりで、列が進みおでんが視界に入ってからはどれを食べようか悩みんでいると、意外とあっという間に順番がやってきた。

食べたのは、こんぶ、大根、厚揚げ、もちきんちゃく、彼氏のじゃがいもとばくだんというにらなどを練り込んだオリジナルの種もつまんだ。あっさりとした出汁はそれぞれの種のおいしさや個性が際立つ。 

f:id:mamiwa02:20180312003928j:image

お酒は、ビールもあるんだけど、カップ酒の出汁割りがとんでもなく絶品だった。酒は「丸眞正宗」(まるしんまさむね)という銘柄で、和食とよくあう食中酒だそう。ちなみに、この酒の製造元「小山酒造株式会社」のHPを見てみたところ、ちょうど今年の2月いっぱいで清酒製造業から撤退していた。製品については小山本家酒造が取り扱っていくらしいが、正式なリリースはまだされていないよう。数少ない都内の酒造会社がなくなってしまうのは非常に残念だ。

出汁割りの話に戻ろう。

カップ酒を50mlほど残して飲んだところへ、出汁を入れてくれる(要酒代に加え100円)のだが、これが美味しいのなんの!立ち飲みスペースが30分なのと、おでんがなくなると再び並ぶわけにもいかずアテがなくなるので、しぶしぶ退散するが、そんな制限がなければ延々飲んでしまいそうなくらい美味しい!

おでんも種が大きいので、びびっていたのと他の店も行くかなと思い、控えめにしておいたのだが、やっぱりもっと食べたかった……という気持ちと、この出汁割りが美味しすぎて、後ろ髪惹かれる思いで店を去ったのであった。

その後、おいしいものを求めてさ迷った末、一番街近くの「みな★くる」という店に。カレーが看板商品のようで惹かれたのだが、店に足を踏み入れると、そこは地元の常連さんが和気あいあいと時をすごしているスナック風の飲み屋なのだった。

さすが赤羽。とりあえずみんな昼から飲んでる。

常連さん水入らずの空間に飛び込んでしまったので、なんかだ気を使わせてしまい申し訳なかったのだが、トマトハイやらビールやら焼酎やらをいただき、カレー屋を営んでいたマスターのお父様直伝のカレーを食べる。さらっとしているんだけどスパイスが効いていて大変美味だった。

その後は、漫喫で昼寝をして、再び町へ繰り出すも、すでに昼間も歩き回って商店街とか行ってみたんだけど結局飲み屋が密集する一番街周辺に戻ってきてしまったし、とにかく飲み屋以外に行くところもこれといって食べるものもない、赤羽。

ずっとお酒を飲んでいて、さらに路地でどうしよう何する?と横丁でたむろっているサマは、なんかもう、ただの酔っ払い……みたいな。もうお酒は抜けてたけど。

 結局ごはんつぶが食べたいこともあって、仙台の牛タン専門店「」へ。仙台以外の国内店は赤羽と大宮だけという貴重なお店。専門店だけあって牛タンはすごく美味しくてごはんと一緒に食べて満足。

こんな感じで幕を閉じた赤羽放浪。この地へ来たらひたすらお酒を飲むことになる、でもすべてのお店が美味しいということが判明したのでした。

 

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

 

[まるますや]

営業時間:平日 10:00~21:30、土・日・祝 9:00~21:30、
定休日:月曜
TEL:03-3901-1405
住所:東京都北区赤羽1-17-7
アクセス:JR東北本線「赤羽」駅東口より徒歩3分

Google マップ

 

[丸健水産]

営業時間:月~金10:30~21:00、土・日・祝10:30~20:30
定休日:第3水曜日
TEL:03-3901-6676
住所:東京都北区赤羽1-22-8
アクセス:JR東北本線「赤羽」駅東口より徒歩3分

Google マップ

 

[みな★くる]

営業時間:13:00~23:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
TEL:03-3901-8020
住所:東京都北区赤羽1-17-3
アクセス:JR赤羽駅東口徒歩2分

Google マップ

 

[]

営業時間:17:00〜23:00
定休日:月曜日
TEL:03-6324-3033
住所: 東京都北区赤羽1-12-1
アクセス:JR赤羽駅東口から徒歩3分

Google マップ