ほろ酔い老舗巡り。酒好き女子の飲み歩きブログ

日本のごはん・蕎麦屋・飲み屋・おいしいもののメモ。ときどきアートや旅の話

肝の佃煮と熱燗の黄金コンビを楽しむ昼下がり。うなぎや「両國」へ

両国駅から徒歩数分のうなぎや「両國」。お相撲観戦前に連れて行ってもらった店。

下町感溢れる店内に期待が高まる。

まずはビール。肴は肝の佃煮ともずくしかないそうで、迷わずオーダー。目の前で焼いているかば焼きの匂いをかぎならが、肝をつつく。わーこれは日本酒を飲むのが楽しみだ。ビールがあくと迷わず熱燗にチェンジ。酒飲みならだれもが認めるだろう黄金コンビを堪能したところで、うな重を。

お重をパカっとあけてキラキラの鰻をごはんをほおばった瞬間に思ったことが忘れられない。

「やさしい味がする……」

あぶらののった鰻がふっっっわふわなのも「やさしい味」の一因に違いないのだろうけど、そういう言葉で表現できるものを超越している何かが宿っているようなうな重だった。

たしかにさ、たまーにさ、ものすごくお腹が減っているときに炊き立てのごはんを食べて泣きそうになる、なんてことが、なくはない。それの類かと思い、「やさしい味」の正体を見つけるべく続けて箸を進める。

「うぅ、さっきよりやさしい味がする……ふわふわだし」

なんだかもう、食べれば食べるほど、胸がいっぱいになってきて、ますます泣きそうになってしまう。それくらい美味しい。

やさしい味の正体をさぐるべく、どこかにそのヒントはないかと、今度は、うなぎを焼くオヤジさんを見つめてみた。でも、意外にポーカーフェイス。笑みや愛想を浮かべるわけでもなく、かといって、職人気質のガンコオヤジの真剣なまなざし、とかでもなく、なんか、近所のコンビニで買い物してるオヤジさんのような……(注:焼いてる最中は違うかもしれません)。

それだけ、鰻を扱うことが、日常のことになっているんだろう。ひょっとしたら、そんなリラックスした?彼の姿勢が鰻に乗り移ってる?思わず肩の力が抜けるような、ほっとする味。

結局その真相ははっきりとわからないけど……。

ポーカーフェイスから生まれる、やさしい味がするうな重。そのコントラストを楽しみながら、私は最後まで、泣きそうになりながら、うな重を完食した。たぶん、誰にも見られないところで、ひとりで食べてたら泣いちゃったかも。元気がないときに行ったら心まで元気にしてくれそうな鰻だと思った。

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

 

両國