読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老舗・お酒・おいしいもの好き女子の飲み歩き日記

日本文化について、老舗酒場と日本美術を中心に綴ります。

【伊勢佐木町】タイに旅した気分になれる本格タイ料理店「J’s Store」

エスニック 横浜(関内・伊勢佐木町周辺) 食堂・昼飲みできる

伊勢佐木町・日の出町のタイ料理店「J’s Store」へ。現地で食べた激辛料理と再会

f:id:mamiwa02:20170221010920j:image

もともと好きなタイ料理を、1月にタイに行ってからもっと好きになった。

辛さ、酸っぱさ、ハーブやスパイスの香り、パクチー、色とりどりの野菜……。好きになる要素が多すぎる!

ただ、どのお店に行っても大皿なので、一度にあまり多くを食べられなかったりして、今までのわたしは実は食べるものはだいたいいつも決まっていた。トムヤムクンは外せない。ガパオはカフェやランチで見つける。他に食べるものといえば、生春巻き、あげ春巻き、青パパイヤのサラダ、ヤムウンセン、グリーンカレーパッタイ、などの中からいくつか選ぶのが定番。他、そのときどきで炒め物などだ。

それが、タイに行ったときは、毎日タイ料理三昧だったことと、屋台やフードコード(フードコートも意外と侮れないクオリティだった)の食事は、比較的一皿が小ぶりのところも多く、新たなメニューにもチャレンジ。お気に入りのメニューが増えた。

中でも、印象に残ったのが、今まで食べた料理で1番辛い!!と半泣きで食していた、細切りにしたタケノコの和え物だ。

ちなみに、料理名は不明。なぜなら、タイ語でしか表示されていない屋台で食べたため最初から最後まで料理名や、メジャーな料理であるのか、その屋台のオリジナルの料理なのかもわからなかったのだ。

屋台のおばさんにかわって、英語でわたしたちの注文を聞いてくれたおねえさん(屋台に居合わせたお客)が「Very spicy」と何度も言っていて、そのときはOK!と元気よく答え、食べ始めは、辛くておいしー!!この料理初めて食べるー!!と感動していたのだが、だんだんと辛さが増してきて、かなり辛いかも!?と思ったのもつかの間。辛いの結構得意なのだが、しばらく食べてからついに、箸が進まなくなってしまった激辛料理であった。

そんな激辛料理に日本で再会。喉元過ぎれば熱さを忘れるというが、激辛で泣きそうになる前の美味しさが忘れられず、ふたたびチャレンジすることに。

再会場所は「J’s Store(ジェイズストア)」 。以前に一度利用したことがあった伊勢佐木町にある本格タイ料理店だ。日本に帰国後タイ料理熱が上がり、足を運んだのだった。

ここは、なかなかの人気店で、お客はひっきりなしにやってくるし、満席になることも多い。

店内はあまり広くない。しかも、所狭しと、食材が並んでいる。入り口右にはドリンクが並んでいる冷蔵庫があり、飲み物はここから勝手に持ってきて飲むシステムだ。

店員さんは現地の方なので、腕ふるっているのもタイの方だろう。お客も日本人はもちろん、タイ人が食材を買いに来たり、ごはんを食べに来たりするし、内装も現地の食堂のような趣で、タイ好きや、アジア好きにはかなりぐっとくる雰囲気である。そして本格的なメニューがかなりの数そろっており、他ではみられない料理も。トカゲの料理なんてものもある。

さて、毎度食べたいものがたくさんあったが、まずはパクチーサラダを(ビールはすでに飲んでいる)。初めて食べたメニューだったが、パクチー大量で感激!!おいし過ぎる……。タイから帰国後、緑のハーブをむしゃむしゃ食べることを心から欲していたので、ほとんど感涙!次はあげ春巻き。少し甘くて、皮はパリッとしていてビールのお供に最高!

f:id:mamiwa02:20170221011252j:plain

そして、いよいよ例の、激辛のタケノコに再会。実は、電車の中で食べログのメニューの写真で発見し、これは!!!!例のタケノコ料理ではないか!!と、再会の瞬間を待ちわびていたので、かなり感激。なんせ料理名は不明なので調べようがないし、他のタイ料理屋でも見たことがなかったから。

一口食べて、うん、この味だ、と、店が違うので多少の差はあれど、同じメニューであることを確認。ここでもかなり辛いが、あの屋台ほどでなく、やっぱり辛いねーといいながら、無事に完食できました。

この日は加えて、カオマンガイ(蒸し鳥とごはん)と、汁ナシ麺を。どれも本格的な味で、はっぱもむしゃむしゃ食べられたし、タケノコ料理にも再会できたし、心から満足。どの料理も次来た時も食べたいと思ってしまうので困るくらい。

雰囲気といい味といい、タイ料理好き、旅好きにものすごくオススメしたい店である。

え?タケノコ料理の名前?J’s Storeさんいわく「竹の子の辛味ハーブ和え」でした。