旅、お酒、ときどきアート。日本文化紹介ブログ

日本のお酒・グルメ、伝統文化などに焦点をあてた紀行文やお出かけ情報をつづります。よく行くスポットは鎌倉、逗子、東京の下町など。

人混み苦手だけど花火が見たい人におすすめの穴場スポット ~横浜~

f:id:mamiwa02:20170801004818j:image

 

先週末、打ち上げ花火を見た。

 

「久しぶりに花火大会に行った!」と思っていたが、久しぶりというより、もしかして、わたしは生まれてはじめて花火大会に足を運んだのかもしれない。というのも、最後に打ち上げ花火を見に行ったのはいつだったか、まったく思い出せない。

 

ドライブをしていたときに、たまたま遠くで打ち上げられている花火を見た、とか、職場の周辺で花火大会が開催されていて帰りに見た、とかそういう記憶はあるのだが、花火大会に行った記憶がぜんぜんない。

 

子どもの頃、近所の遊園地の花火を自宅のベランダから見ていた記憶だけだ。

 

それでも、とにかくわたしは人混みがキライなので、花火大会に行きたいだなんて願望は沸き起こることはなく、毎年夏を過ごしていた。 

 

花火には興味はなかったが、この夏どうしてもやりたいことが、自分で浴衣を着ることだった。去年、彼氏からプレゼントをしてもらって、お店で着付けをしてもらいそのまま1日着ていたものの自分で着る機会はなく(というか着付けできなかったので)、今年は練習して自分で着るぞ!と思っていたのだ。

 

1度練習し、なんとか着れたので、あと1、2回練習したらもう少し美しく着られるかなと、浴衣デートを計画。そこで、浴衣を着てどこに行くか?悩んだ末に足を運んだのが、海が見える横浜のテーマパーク「八景島シーパラダイス」だった。花火大会じゃないじゃないか!と言われそうなんだけど、ここでは「花火シンフォニア」と題したイベントを開催しており、足を運んでみたら、想像以上に快適で花火も美しく、ここって穴場なんじゃ……、と思ったしだいだ。

 

なにがいいって、とにかく、ぜんぜん混んでない。観に行った日は、天気がイマイチだったせいもあるけど、それにしたって、行きも帰りも最寄り駅はスカスカ。人混みストレスはほぼないに等しかった。

 

そして、内容も申し分なかった。有名な花火大会に足を運んだことはなく、偉そうなことはいえないし、久しぶりに打ち上げ花火を見たせいもあるかもしれないけど、一発目から「えっ!花火ってこんなに綺麗だったっけ?こんなに感動するものだったっけ!?」と、その美しさにすっかり心を奪われた。

 

ヒュー、パンッ……という音と同時に、海の上に打ちあがる輝きの大きいこと大きいこと。打ちあがった花火が、キラキラと散る様子にも目が釘付けだった。

 

ホワイトベリーの「花火」などがBGMに流れたりして、ベタすぎるんだけど、ロマンティックな景色にはベタな音楽はしっくりくるもんだな。ちゃんと花火演出するのに一役かっていて、あまりの美しさに、うるうるしちゃったもんな。時間は15分間。ただ、実際には20分弱やっていたような。

 

予約したのは、シーパラダイスのワンデーパスとバーベキュー付きの観覧席だったので、昼はぶらぶら水族館やアトラクションを楽しみ、花火はビール片手に観覧。HPを見ると、純粋に花火だけ楽しめる観覧席もあるし、ほかにも、展望台からの観覧席なども。観覧席は予約が必要だけど、シーパラじたいは、入場料無料なので、場所にこだわらなければ無料で観覧もできる。2017年は、7/15・16・22・29、8/5、11~19の毎週土曜に開催中。

 

お盆とかはもう少し混むのかなー。

 

人混みはヤダけど花火が見たいという人にはおすすめ。

 

www.seaparadise.co.jp