旅、お酒、浮世絵のはなし

日本のお酒・グルメ、伝統文化などに焦点をあてた紀行文やお出かけ情報をつづります。よく行くスポットは鎌倉、逗子、東京の下町など。

あべのハルカス美術館の「北斎ー富士を超えてー」で感涙

お酒のことばかり書いてるわたしだが、1年ほど前より浮世絵日本美術好きでちょくちょく足を運んでいる。 今日は北斎の展覧会に行った感想。

葛飾北斎の展覧会「北斎ー富士を超えてー」

f:id:mamiwa02:20171016200206j:plain

大阪、あべのハルカス美術館で開催中の葛飾北斎の展覧会「北斎ー富士を超えてー」に行ってきた。

19歳から絵師を志し90歳に没するまで、その間なんと約70年も画業に邁進し続けた絵師である。

その名は世界的にも知られているが、さまざまな富士を描いた「富嶽三十六景」をはじめとした浮世絵版画のイメージが強い北斎。しかし、風景画のほか、江戸の女性を描いた美人画春画花鳥画、神仏を描いた絵や、身近なあらゆるモノを描いた絵手本「北斎漫画」、そして、版画だけでなく肉筆画も多く残っており、その作品の多彩さには驚く。以前に墨田区北斎美術館でそれらを見て「なんでも書ける天才じゃ!」と強く思ったことを覚えている。

そんな北斎の今回の展覧会は晩年30年の作品に焦点をあてたもので、肉筆画が多く展示されるのが特徴。また、小布施へ赴いたときに残された貴重な作品や没する直前の作品がおよそ200点、展示されている。

■やっぱり混んでいる……

10月15日(土)、11半頃に向かうとすでに入場券を買う行列ができていた。前売り券があったので、ここでは並ばずに済んだのだが、いざ中へ入ってみると混んでいて、どの作品の前にも人だかりでちょっと圧倒されてしまった。たださすがに途中で入場制限がかかったようで、中盤頃から1つの作品を見るまでに数分かかってしまうような状態は解消されていた。いや、もっと早くかけて、入場制限、と思ったが。とにかく大盛況で浮世絵好きとしてはうれしい限り。まぁ、世界一有名な浮世絵師なわけで、当然と言っちゃ当然なのだが。これが東京だったらもっと混んでいたんだろうな。

展覧会は、数といい内容といい、とにかく見応えあり。そして、版画でも肉筆画でも、風景画だろうが美人画だろうが、とにかくその表現力には誰もが感心していた。版画にしたって、構図も色合いも芸術品として完成度が高いのはもちろん現代人がみてもセンスがあっておしゃれで。これ作ったときおじいさんでしょ!?センスよすぎなんですけど、みたいな。

■圧倒的なエネルギーを感じる晩年の肉筆画

ただし、この展覧会のクライマックスはやはり終盤にある。

80歳を超えた北斎が信州小布施を訪れた際に(江戸から歩いて行ったそうな!)、祭り屋台の天井絵として描かれた対の作品「涛図」には、ただ波を表しているだけなのに、わたしの涙腺が反応。吸い込まれるような迫力があるのに、心に静寂を運んでくれるようなずっと観ていたくなる作品だった。これは驚くことに86歳の作品。ただし、晩年に近づくにつれて、最終章の展示テーマ「神の領域」の通りの肉筆画がわんさか……。

そのパワーに圧倒されて、久々に絵画を見て、涙が止まらなくなってしまった。

「狐狸図」は僧侶に化けた狐が描かれているのだが、風にふかれ佇む狐の姿にカラダこと釘付けに。どことなく哀愁がただよっている不思議な絵だった。

李白観瀑図」は中国の詩人とともに、巨大な滝を描いた絵。シンプルな構図にもかかわらず、この絵にもものすごいパワーを感じてならなかった。

f:id:mamiwa02:20171016200509j:image

そしてこの図録の表紙にもなっている「雪中虎図」は微笑んでいるかたのような虎が雪の中を飛ぶように走っている絵。こちらは個人的に1番感動した1枚。なんだろう、まるで天国に向かってはしているかのように見える。うれしそうで、でも凛々しい表情の虎。たぶん、人目を気にせずに見ていたら、号泣していただろうと思う。

これらの絵をみて不思議に思うのは、何がいいのか?と聞かれても全然わらかないし涙の理由を説明することができないところ。それでも、心にぐっとせまる圧倒的なエネルギーを感じる。北斎は真の実力は肉筆画にあるといわれている所以を肌で知ることができた展覧会だった。

 

大阪・新世界近くでセンベロ

f:id:mamiwa02:20171016184935j:image

 

10月14日(土) 

 

あべのハルカス美術館」で開催中の葛飾北斎の「北斎-富士を超えて」を見に、週末大阪にやってきました。

 

北斎についてはのちのち書くとして、先に食べたものメモです。

 

早朝に着き、あべのハルカス美術館で鑑賞後に立ち寄ったのは、通天閣。串焼きやさんに入ったのだが、口に合わず、早々退散し訪れたのは「酒の穴」。八宝菜を中心とする、200円から300円のメニューが豊富のオジサンご用達の店だ。

 

メニューは八宝菜が有名らしい。ただし、酒を満喫したいので、八宝菜はシメにとっておこう。

 

飲み物は2件目ということもあり、彼氏は日本酒のぬる燗、わたしは黒ビールを。ちなみに小ビンのビールは300円、大は600年なとドリンク類も全てお財布に、優しい価格であるのがうれしい。

 

さて、まずオーダーしたのは、どて焼きと、ふき煮。

 

f:id:mamiwa02:20171016185002j:image

 

ちびちび飲みながら、常連さんらしきオジタマ達をかんさつしながら、リラックス。そう、ここは、とてもリラックスできる店でもある。

 

雑誌にも掲載されており、かの吉田類氏も訪れており、通天閣周辺ではそこそこ名前の通っているよう。とはいえ、肩肘はらず、ひとりたろうが、オンナだろうが、ふらっと、立ち寄って酒とつまみを愉しめる安らぎの雰囲気が充満していいてとても心地が良い店だ。

 

おまけに、つまみは210円からと、近所にあったらどんなに幸せだろうと夢を見ずにはいられない。

 

ビールのあとは、ひたすら焼酎の芋割ロック。最初に梅干し入れて、おかわり2回した。

 

f:id:mamiwa02:20171016185020j:image

 

久々にヘパリーゼを飲んでおいたんだけど、彼氏に「おっヘパリーゼ飲んだだけあるじゃん、今日は気合い入っていね」といわれつつ、上機嫌でぐいぐい。

 

その後は、ほうれん草のお浸し、おでんの大根、牛すじ、梅焼きという梅の形をした蒲鉾とハンペンとパンを足して割ったようなおいしく不思議なタネだった。肴にぴったりのふぐ皮ポン酢、オーダーし〆、の前に八宝菜を。

 

f:id:mamiwa02:20171016185043j:image

 

あまみがあって、スープのようにやさしい味がした。ちなみに営業時間は朝8時から!夜は21時まで。

 

おいしくてくつろぎの時間をどうもありがとう。

 

酒の穴

10月に開催された鎌倉のオクトーバーフェスト、ほかとどう違う?

市役所前で行われた鎌倉のオクトーバーフェストに行ってきました。

毎年10月に行われているらしく、ちょうど通っている鎌倉彫の教室がある日あり、昨年に続き、今年も足を運んできました。どうやら毎年10月の第1週に開催されている模様。出店するブリュワリーは「鎌倉ビール」をはじめとする神奈川のブリュワリーと東北や九州、中国地方など国内のブリュワリー。サントリーも出店していました。フードは鎌倉の地元のお店が多かったかな。

一緒に行ったのはビールが苦手な友だちだったんだけど、ドライで苦味が際立つラガービールに比べ、香が豊かなエールビールはわりと飲めるらしく(お酒じたいは好きな子)、フードのビールを楽しみました。

まずは、サントリーのエールビールで乾杯。

続いて、黄金井酒造の「さがみビール」で「セゾン」という種類のビールをみつけて、飲みました。

この「セゾン」というビール、わたしは大好きなんです。柑橘系のようなさわやかな味わいなんだけど、ほどよい苦味やコクがあってしっかりとした味わい。

友達にすすめたら、サントリーのエールビールより飲みやすい、おいしいーと言ってもらえてすごくうれしかったよ。

フードはだいたい500円とお手頃なのがうれしい!鎌倉ハムのハム・ソーセージもりあわせや牛タンの串焼き、チリビーンズ、葉山牛すじ煮込みなどをビールとともに。どれも量はそんなにないんだけど、500円という値段を考えるとかなりお得。

大きなオクトーバーフェストでは、フード1500円とか当たり前らしい(その分量もおおいが)ので、それを考えるといろいろなものが味わえるし、コスパがいいのかも。地ビールは1杯800円とそこそこのお値段。ただしハーフ400円でも飲めるので、これまたいろいろな種類を楽しめるのがありがたい。

ただ今回は給料日前で、ビール好きとしてはあっというまに使い込んでしまいそうなので、早めに退散しました。

でも来年も行きたい。次は思う存分飲めたらいいな。

 

東京のディープ酒場に欠かせない街。「立石」を初体験

立石で「ディープ酒場」初体験

 

 先週末「酒場好き」といいながら、初めて訪れたのが、立石。

 

ディープな酒場であふれる街と知りつつ、自宅からまぁまぁ遠いこともあり、足を運んだことはなかった。

 

というわけで、電車に揺られること、1時間20。下調べをして行きたかったもつ焼きの店「江戸っ子」へ到着だ。いくつか行きたいお店の候補はあったが、「立石の関所」という文字に惹かれ、まずはこちらに。

 

駅から数分と近いのだが、ここにつくまでにすでに「呑んべ横丁 アサヒビール」と古ぼけた看板とぐぐり、”どこからどう見ても昭和”な横丁を通ってやってきた。電車を降りると「即、異世界へやってきた!」と思える立石のすごさを知った。

 

これぞディープ酒場。もつ焼き「江戸っ子」へ

f:id:mamiwa02:20170911201437j:image

 

18時半頃。店の前には10人くらいお客が並んでいた。ただ、回転は速いようで20分くらいで中に入れた。

 

まずはビールで乾杯。ここはアサヒ。待った甲斐があっておいしくてごくごく飲んだ。まずは、レバーと赤身の刺しを頼んだ。が、到着すると、完全に火が通っていて、想像違いっていてちょっとがっかり。でも、ボリュームがあって、ネギと生姜がたっぷり添えられていて、お酒のお供にぴったりだった。

 

続いて、焼きは、カシラとシロをタレで。どちらもボリュームがって、旨みをたっぷり噛みしめることができるのがうれしい。タレも甘くもしょっぱくなく絶妙な味でおいしかった!

 

f:id:mamiwa02:20170911201456j:image

 

そして、モツ煮もボリュームたっぷり。お酒が進む味。ほかに、梅サワーが甘めだったので、谷中生姜をオーダー。タンの串が食べたかったんだけど、売り切れのとのことで、残念だった。

 

に、しても、もう、昭和すぎて言葉がでないわ、って感じの雰囲気、でこれはまた来てしまうかも。お客は、1人で来ているおじいちゃんや、おじさんや、男性をはじめ、女性1人やカップルや夫婦、グループも、たまに。女性2人とかはあまり見かけなかった気がする。わいわいわいわい、みんなすごく楽しそうにお酒を飲んでいるのが印象的だった。

 

店員さんも個性が強い!とくに、ママらしき方はやさしそう。緑のお洋服を着ており、額縁に飾られた肖像イラスト?のお洋服も緑で、緑がお好きと思われる。

 

ひとり、ちゃきちゃきの江戸っ子!みたいな、そこそこのお歳の女性がいて、ちょっと怖かったけど……。あることを質問したら、メニューに書いてあるでしょ!と怒られ、少しびびる、も、まあ、こんな店では珍しくない。

 

ごはんやお酒を楽しむのはもちろん、店内の雰囲気といい、いる人たちといい、ディープな世界にどっぷり浸らせてもらった。ちなみに、店員さんのTシャツには「立石の関所 江戸っ子」の文字が印象深い。

 

江戸っ子

食べログ江戸っ子

 

おでんの「丸忠」へ

f:id:mamiwa02:20170911201529j:image

 

続いては、おでんの「丸忠」というお店へ。思っていたより店内は小さく、10数人で満席。一度足を運ぶと満席だったので、辺りをぶらぶら、しかし、コレ!という店が見つからず、戻ってみると、なんとか入れるタイミングだった。ちなみに、商店街の中にあるのだが、中に映画のセットのような趣の通りもあって、そのフォトジェニックさにびっくり。

 

お店のウリはもちろんおでん。この日はトマトと紅ショウガ天と、大根をいただく。本当はじゃがいもがめちゃくちゃ食べたかったんだけど、あえなく売り切れ、はたまた、残念。スープの味は、わりとしっかりしているがしつこくなくて、おいしかった。最近増えているけど、トマトのおでんはやっぱり好きだな。

 

f:id:mamiwa02:20170911201543j:image

 

お酒は、日本酒をチョイス。飲み物のメニューやおでん以外の料理も充実しているのもうれしい店。ちょっと銘柄は忘れてしまったが、おでんとたっぷり楽しんだ。そうそう、チロリで飲ませてくれて、これは初めてかも、と地味にうれしかった。

 

f:id:mamiwa02:20170911201557j:image

 

お刺身も食べて、なんだかんだでお腹が膨れてしまったので、今日はこれで切り上げることに。おでんはもっとたらふく食べたいので、ぜひ再訪したい店。

 

今回は、たびたび食べる前に写真とるのを忘れるし、商店街とか横丁の様子とか、写真に収めればよいものをなぜか体がうまく反応せず。街の雰囲気に圧倒されてしまったような気がした。今度はカメラをもっていきたいな。立石、また、ゆっくり飲みに来たい!

 

・丸忠かまぼこ店 (【旧店名】おでん二毛作

東京都葛飾区立石1-19-2

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13022522/

 

 

 

 

四谷三丁目「鈴新」。老舗トンカツ屋で酒を飲む

老舗トンカツ屋で酒を飲む

f:id:mamiwa02:20170828225300j:image

 

女子とカツ丼

 

週末にあるお店にカツ丼を食べに行きたいという彼氏からのメールに、わたしは、悩んでいた。

 

カツ丼……。

 

ぜんぜん惹かれない。

 

わたしは思う。たぶん世の中の9割の女性はカツ丼という食べものに興味はない、と。

 

同僚でも友達でも、カツ丼食べに行こうとか、カツ丼を食べたい、などのセリフをまわりの女性から聞いたことないし、メニューに「カツ丼」の文字があったとしても、それをチョイスしている女子をわたしはみたことがない。「カツ丼」の単語を女子からほぼ聞いたことはなく、女子にとって「カツ丼」という食べ物への興味は著しく低いのだ。

 

だいたい、女性にとって、丼もの、ってだけで、ごはんが多い、かき込んで食べなきゃいけないイメージで落ち着かないし、ちょっとずついろいろ食べたい欲が満たされない、などの理由で、忙しい昼食などならまだしも、夕食としては若干マイナス。

 

そして、トンカツでさえ、そのカロリーやボリュームに食べる機会は限られるもの。それが、カツが丼ごはんの上にのって、さらに卵やら甘い出汁やらが加わるなんて……、考えただけで卒倒しそう、というのが正直なところ。

 

つまり、ボリュームがありすぎて食べきれない、こってり味が濃くて重い、ほぼ1日分のカロリーを丼ぶり一杯で摂取することになることに対しての不安感、ゆっくり食事できなさそう、などの理由により、カツ丼は多くの女子の脳みそにその存在をほとんど認知されていないのだ(と思う)。

 

唯一わたしがカツ丼を食べるときといえば、母の手作りのカツ丼と、スーパーで売っているミニサイズのカツ丼のみで、家でゆっくりと、食べたい量だけ食べることができるという安心感のもとでしか、わたしはカツ丼を食べたことがない。

 

しかも、土曜の夜はゆっくりお酒を飲みたいことあり、どんぶりものだなんて……としぶっていた。が、店にはお酒やつまみもあるし、トンカツもあるよ、ということだったので、渋々了解し、足を運ぶことになったのが、四谷三丁目にある「鈴新」。創業1958年のトンカツ屋だ。彼がテレビで見て行きたいと興味をもったとのことだったが、メディアにはよくとり上げられている店のようだ。

 

トンカツ屋で酒を飲む

f:id:mamiwa02:20170828223826j:image

 

店に着くと、外観は、こぎれいな居酒屋のような趣で、ちゃっと食べてちゃっと出なきゃ、みたいな丼ぶり屋さんのイメージはなく、一安心。ビルの上には、店主のお顔とおぼしき看板が個性を放っており、店への好奇心を駆り立てられた。

 

店内は、コの字型のカウンター席のみでちょっとした小料理屋のようだ。木のぬくもりがあるあたたかみのある雰囲気。

 

カウンターからは厨房が見渡せて、向かって左では男性が鍋を握っており、香ばしいいい匂いが立ち込めている。正面にはきれいに重ねられた食器類が並んでいる。店では、看板のお顔だと一目でわかる大将と、その奥さんが接客してくれる。調理をしているのは若い男性だった。息子さんなのかしら。

 

お客は親子3人組。ひと席あけて彼らの横に腰をかけた。あれれ、落ち着くぞ……。お酒も、ビール、日本酒、焼酎がそろっていて、肴も種類は多くないけど、ママカリの酢漬け、とか、トマトのフライとか、真いかの丸干しなど魅力的。

 

さっそく瓶ビールで乾杯。わたしは平日はほとんど飲まないので、この土曜日の乾杯のビールのおいしいことおいしいこと。ふー。幸せ。ほっとする。お通しは厚揚げの煮物。やさしい味わいで、カツ丼もおいしそうだと思った。着々とこの店が好きになっていく。

 

f:id:mamiwa02:20170828223847j:image

 

土曜ということもあり、お客はひっきりなしにやってくるものの、満席にまではならず。ゆっくりお酒を飲める雰囲気。ビールをもう1本、そしてママカリの酢漬けをオーダー。うん、ママカリ、シンプルな味わいだけど、身がきゅっと詰まっていておいしい。

 

そして、この後、ビールから熱燗へチェンジ。厨房からチロリで燗をする様子が見えて、ちょっとうれしかった。お酒が楽しめるトンカツ屋さん、いいな。そして、同時にお願いした真いかの丸干しにしびれた。旨みが凝縮されていてワタもおいしく、酒飲みに嫌いな人はいないでしょう、という味わいだ。熱燗(久保田百寿)とおいしくいただけたのは言うまでもない。

 

ヒレカツを堪能

f:id:mamiwa02:20170828223928j:image 

 このあと焼酎を飲みながら、何を食べようか、迷った。が、彼氏は迷わず、カツ丼ということでわたしは、ヒレカツをいただくことに。え?ここに来てカツ丼じゃないの?と思われそうだけど、まだお酒が飲みたかったのだ、あと、カツ丼は彼氏に一口もらおう、という魂胆で、ヒレカツ定食に決意を固める。

 

ちなみに、「鈴新」ではごはんの量を、普通、ちょっと少な目、半分、かなり少な目、ほんのちょっと、と選べるようになっていてこれもポイント高かった。お酒を楽しんだことだし、この日は半分でお願いした。

 

店内は、入れ替わり立ち代わりお客がやってくる。夫婦や、男性の一人客、女性の一人客も。落ち着いた雰囲気で一人でも入りやすい店だ。お酒を飲んでる人はあまりいなかったけど、平日は会社帰りの人たちが仕事後の一杯を楽しんでいるのではないだろうか。

 

ヒレカツ定食は文句なしのおいしさだった。やわらかい歯ざわり、じゅわっと広がる肉汁、お肉に弾力もあって、楽しく食べられる。衣は全然しつこくない。つけあわせの漬物ももおいしいし、豚汁は、すごくあっさりしていてびっくりしたが、これもおいしい。

 

ちなみに、「鈴新」にはカツ丼三兄弟と名づけられた3つのカツ丼がある。通常のカツ丼「煮カツ丼」、ごはんにカツをのせ、卵でとじた玉ねぎを後載せする「かけかつ丼」、ごはん、きゃべつの上にソースカツ、そして大根おろしを載せた「そうすかつ重」だ。

 

優しい味の「かけかつ丼」を見て かつ丼への興味がわいてきた

 

彼が頼んだ「かけかつ丼」がやってきた。カツ丼はどんぶりからカツがはみ出ていて、気分が高まること必至。蓋をあけるとほやほやのカツと卵が。

 

う、おいしそう、次来たらこれ食べる、と心の中でつぶやき、彼に一口もらった。

 

ひと口食べると、あっさりやさしい味のカツ丼におどろく……。お肉はさっくり感が残っており、とんかつ自体を堪能することもできる。ボリュームはそこそこあるが、厚すぎず薄すぎず。卵とじやごはんとのハーモニーを安心して楽しめる厚さ。ああ、また来たい。またここでお酒を楽しみたい。そして、お酒と一緒に今まで興味のなかった、カツ丼を心ゆくまで堪能してみたい。ついでに言うと、三兄弟を制覇してみたい。

 

鈴新

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13027073/

 

ごはん中に「ちょっと太り過ぎかな」という、彼氏のセリフに動揺した話

彼氏とごはんを食べていたときのこと。

 

「あのー、ちょっと太り過ぎかな、うん」

 

彼が急に強い口調で言いだして、ドキッとした。え、いつも、お腹のお肉をつまんだり、ポンポンしたりして楽しんで(?)いるし、太っていることをネタにしてからかってくるのに、どうしたんだろう⁉⁉ なんて軽くパニックを起こしていたらなんのことはない、一緒に食べている鰻のことだった。

 

柔らかくて、ボリュームたっぷりで、ふわふわの鰻がのったお重。まずくはないのだが、なんとなく、鰻じたいの味はぼんやりしている印象だった。とはいえ、足を運んだのは有名店であり、鰻のキープは必須で、席も1時間半以上待ったほどの盛況ぶりのお店。わたしの舌が有名店のおいしさについていけていないのか?と心の片隅で感じながら、食べていところの、彼の発言だった。

 

好みの問題もあるのかもしれないけど、やわらかければいいってもんでもないし、なんか締まりがないよな。あんまり太らせてもやっぱだめなんだよ、とかそんなことをぼやいていた彼の前で、わたしは鰻と自分を勘違いしてしまったのがおかしくてニヤニヤしていた。

 

何をニヤニヤしているのか聞かれたので、理由を説明すると、笑いながら「動揺した?」と彼。「うん動揺した」と答えるとすかさず「だいたい"ちょっと"じゃないし」と笑っていた。

 

鰻のお肉に対しては納得がいかないようだったけど、わたしのお肉に対しては寛大な彼のおかげで、おいしいものを楽しく食べられるんだなぁと密かに思った出来事だった。

人混み苦手だけど花火が見たい人におすすめの穴場スポット ~横浜~

f:id:mamiwa02:20170801004818j:image

 

先週末、打ち上げ花火を見た。

 

「久しぶりに花火大会に行った!」と思っていたが、久しぶりというより、もしかして、わたしは生まれてはじめて花火大会に足を運んだのかもしれない。というのも、最後に打ち上げ花火を見に行ったのはいつだったか、まったく思い出せない。

 

ドライブをしていたときに、たまたま遠くで打ち上げられている花火を見た、とか、職場の周辺で花火大会が開催されていて帰りに見た、とかそういう記憶はあるのだが、花火大会に行った記憶がぜんぜんない。

 

子どもの頃、近所の遊園地の花火を自宅のベランダから見ていた記憶だけだ。

 

それでも、とにかくわたしは人混みがキライなので、花火大会に行きたいだなんて願望は沸き起こることはなく、毎年夏を過ごしていた。 

 

花火には興味はなかったが、この夏どうしてもやりたいことが、自分で浴衣を着ることだった。去年、彼氏からプレゼントをしてもらって、お店で着付けをしてもらいそのまま1日着ていたものの自分で着る機会はなく(というか着付けできなかったので)、今年は練習して自分で着るぞ!と思っていたのだ。

 

1度練習し、なんとか着れたので、あと1、2回練習したらもう少し美しく着られるかなと、浴衣デートを計画。そこで、浴衣を着てどこに行くか?悩んだ末に足を運んだのが、海が見える横浜のテーマパーク「八景島シーパラダイス」だった。花火大会じゃないじゃないか!と言われそうなんだけど、ここでは「花火シンフォニア」と題したイベントを開催しており、足を運んでみたら、想像以上に快適で花火も美しく、ここって穴場なんじゃ……、と思ったしだいだ。

 

なにがいいって、とにかく、ぜんぜん混んでない。観に行った日は、天気がイマイチだったせいもあるけど、それにしたって、行きも帰りも最寄り駅はスカスカ。人混みストレスはほぼないに等しかった。

 

そして、内容も申し分なかった。有名な花火大会に足を運んだことはなく、偉そうなことはいえないし、久しぶりに打ち上げ花火を見たせいもあるかもしれないけど、一発目から「えっ!花火ってこんなに綺麗だったっけ?こんなに感動するものだったっけ!?」と、その美しさにすっかり心を奪われた。

 

ヒュー、パンッ……という音と同時に、海の上に打ちあがる輝きの大きいこと大きいこと。打ちあがった花火が、キラキラと散る様子にも目が釘付けだった。

 

ホワイトベリーの「花火」などがBGMに流れたりして、ベタすぎるんだけど、ロマンティックな景色にはベタな音楽はしっくりくるもんだな。ちゃんと花火演出するのに一役かっていて、あまりの美しさに、うるうるしちゃったもんな。時間は15分間。ただ、実際には20分弱やっていたような。

 

予約したのは、シーパラダイスのワンデーパスとバーベキュー付きの観覧席だったので、昼はぶらぶら水族館やアトラクションを楽しみ、花火はビール片手に観覧。HPを見ると、純粋に花火だけ楽しめる観覧席もあるし、ほかにも、展望台からの観覧席なども。観覧席は予約が必要だけど、シーパラじたいは、入場料無料なので、場所にこだわらなければ無料で観覧もできる。2017年は、7/15・16・22・29、8/5、11~19の毎週土曜に開催中。

 

お盆とかはもう少し混むのかなー。

 

人混みはヤダけど花火が見たいという人にはおすすめ。

 

www.seaparadise.co.jp