ほろ酔い老舗巡り。酒好き女子の飲み歩きブログ

日本のごはん・蕎麦屋・飲み屋・おいしいもののメモ。ときどきアートや旅の話

滋味あふれる鳥さしと塩焼きに舌鼓。親子丼で有名な「鳥つね 自然洞」で鳥づくしの夜

少し前に行ったお店のメモです――。

f:id:mamiwa02:20181110143718j:image

 

とある週末に御徒町にある親子丼の店「鳥つね 自然洞」へ、ちょっと遅めの夕飯とお酒を楽しみに、足を運んだ。

こちらは、以前、昼に行ったことがあるのだが、親子丼とともに、日本酒の美味しさが忘れられず、夜も行ってみたいなと思っていた店。

ランチでは、上親子丼を予約したうえで店へ。お酒を飲みたかったので、1人前のみ親子丼の前に何品がついてくるコースに。親子丼はとろとろ卵と少し甘めのバランスの良いタレと火を入れすぎずに軟らかくもはごたえありの鳥とで、そりゃ美味しかった。

 

f:id:mamiwa02:20181110143757j:image

お店で使っている鳥は、比内地鶏名古屋コーチン、奥久慈のシャモニなど。中抜きすると肉質の劣化が早まるため、少しでも新鮮なものを使いたいと、鳥はまるごと仕入れて、店でさばいているそう。

で、この夜いただいたのは、鳥サラダ、おしんこ、鳥さし、地鶏の塩焼き、そして親子丼。もちろん、日本酒とともに。少し遅めの時間に行ったのと、この後もまだ飲むつもりだったので単品でオーダーしたけれど、ゆっくり料理を楽しむならコースのほうがお得かもしれない。

鳥さしは、くさみがあるとかないとかそんなレベルの話ではなくて、舌の上でじわじわ旨みがでて、これがまぁ、わさびと日本酒と合うのなんの。

そして、塩焼きが登場。皮がパリッとしていて、お肉は、味が濃い〜!!!うま味がすごい。ドーパミン出まくりでしょう。肉質もしっかり噛み応えがあって、滋味あふれる一品だった。

f:id:mamiwa02:20181110143831j:image
f:id:mamiwa02:20181110143834j:image
 

最後は、親子丼。

 

鳥さしも焼き鳥も日本酒も素晴らしくて、心も舌もすでに大満足だったのだが、親子丼(小サイズです)もやはり美味しくてペロリと完食。

f:id:mamiwa02:20181110143858j:image
f:id:mamiwa02:20181110143907j:image

f:id:mamiwa02:20181110143943j:image

 

ちなみに、地酒のメニューは写真ようなラインナップで、島根を中心に中国地方のお酒が多い。この日は、島根の月山と京都の玉乃井をいただく。玉乃井は、飲んだ後の余韻がすごくて、しばらくポーっとその芳香に浸ってしてしまうお酒。前回昼にいただいて、なんだこれは⁉ととても印象に残っていた。まぁ純米大吟醸で値段が値段(一合2200円)なので、そりゃ美味しいよな、って話なのだが。

他にワインや焼酎も置いてあるのでお酒も心ゆくまで満喫できる。

店内では、常連さんらしき、人々が楽しそうに飲んでいて、雰囲気もよい。

あ、でもランチはめちゃ混みなのでややバタバタした感じかな。人気店なので、どちらも予約していったほうがいいかな。

何はともあれ、鳥ずくし、かつ至福の夜でした。

ちになみに、大正創業の湯島の「鳥つね」の分店とのことで、そちらにもそのうちお邪魔してみたい。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[鳥つね 自然洞]
営業時間:昼11:30~13:30、夜17:30~21:00
定休日:日曜日、祝日
TEL:03-5818-3566
住所:東京都千代田区外神田5-5-2
アクセス:東京メトロ銀座線「末広町」駅(2番出口)から徒歩2分
JR山手線「御徒町」駅(南口)から徒歩7分
JR山手線「秋葉原」駅(電気街口)から徒歩10分

 Google マップ

【プロフィール】フリーライター・浮世絵&蕎麦屋愛好家のマミと申します

こんにちは。フリーライター・浮世絵&蕎麦屋愛好家のマミと申します。

ゆるくゆるくブログを更新してきましたが、最近好きなことややりたいことがクリアになってきたので、もっといろいろなことを発信していきたいなと思い、まずはと自己紹介ページを作ってみました。

 

■プロフィール

・神奈川県横浜市在住

・1981年生まれ

・ひとり暮らし

フリーライター

 

■簡単な経歴

20代の頃に接客業の傍らでフリーライターをはじめました。女性向けライフスタイルメディアや横浜の地域情報サイトなどをメインに執筆。

その後は、女性向けライフスアイルメディアや訪日観光客向けWEBマガジン、お出かけ情報サイトなどで編集業務に携わりました。(すべてWEBです)現在はフリーライターと、旅行系のWEBマガジンで編集アシスタントをしています。

 

■仕事の得意分野

旅行・観光、食、おでかけ情報など。

 

■今後やりたいこと

日本文化をもっと発信していきたいです。特に、江戸時代が好きなので、本格的に勉強して、江戸から続く、食、浮世絵などの文化や、江戸から学べるライフスタイルや女性の生き方などを発信していけたらと思っています。

 

■趣味

日本文化が好きになってから、趣味が増えました。

 

・相撲

今の彼氏が好きだったことがきっかけで見ていたら、好きになってしまいました。国技館にも足を運んでいます。角界はいろいろありますが、良くも悪くもやっぱり日本に古くから続いているスポーツは他にないわけで。日馬富士が好きでした…(泣)。今は栃ノ心鶴竜嘉風などを応援しています。

 

・鎌倉彫

鎌倉彫とは鎌倉に伝わる伝統工芸品です。ものすごくゆるいペースですが、教室に通い作品を作っています。自分たちがやるのは、彫りの部分で、漆は職人さんがやってくれます。浮世絵も好きだし、なんか彫るモノが好きなんでしょうかね。

 

・旅行

主に国内。温泉と寺がある地域によく行きます。

 

・浮世絵鑑賞

鑑賞していて美しいだけでなく、バリエーションが広く、また、江戸の風情が生き生きと感じられるのがおもしろくて、ハマってしまいました。王道すぎですが、北斎と広重はやっぱり好きです。北斎は絵の中の人が生き生きしているのがおもしろい。広重は旅情たっぷりなところがいですね。最近は春画にも興味津々。美術館に行ったり、本で勉強したりしています。

 

蕎麦屋

30代に入り、蕎麦屋酒を覚えてしまい、蕎麦屋の楽しさに開眼。たまにひとりでもふらっと。本当はもっと行きたい。

 

・他好きなもの

古典酒場、温泉、寺、クラフトビール(普通のビールも好き)、焼き肉屋(肉というより焼き肉屋ね)、ご当地グルメ、が好きです。

 

■ブログの内容

日本文化をテーマに、蕎麦を中心に和食や飲み屋浮世絵、国内旅、お出かけ情報などをつづっております。

 

以上です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ホッとする味とこれぞ老舗的な店内。上野「翁庵」で女ひとり飲み【蕎麦前紀行】

f:id:mamiwa02:20181110002607j:image

すごく行きたいのだけどなかなかタイミングがなくて行けなかった上野の蕎麦屋「翁庵」に行ってきた。

この店、20時には閉店してしまう。平日はなかなか行く機会をつくれず、彼氏との蕎麦前率が高い日曜は休み。土曜は昼まで寝ているし、夜はゆっくりお酒を飲むため、20時には閉店してしまうとなると、あまり飲めずに蕎麦でお腹が膨れてしまうので行けない…。

が、この度念願叶って、初訪問。

打ち合わせの後に、久しぶりに上野の美容院を予約していたのだが、その間に少し時間が空いたのだ。

チャンス到来!とばかりに、上野に着くなり急ぎ足で向かった。憧れの蕎麦屋へ早く!という気持ちと、美容院の時間まで1時間を切ったので、なるべくゆっくりできる時間を作りたかったのだ。

相変わらずの(店の前は何度も通っていた)歴史ある佇まいに、胸をときめかせながら、引き戸を開ける。

と、そこで広がっていたのは、ザ・ノスタルジック・蕎麦・ランド。やばい、好き。まだ蕎麦食べてないのに期待以上!

店内には、老舗料理屋の店内に飾ってあるものツートップ、落語家のサインと力士の写真がお目見え。テンション上がる。

で、頼んだのが、看板メニューともいえる油揚甘辛煮(350円)とビール。油揚甘辛煮はたぶん日本酒のほうが合うとは思うのだが、時間的に1杯しか飲めないのでビール飲みたい欲に負けた。

f:id:mamiwa02:20181110002711j:image

味わいはというと、濃いめでじゅわっとしていて、お酒に合う。うんおいしい。気取ってない味。これで350円はうれしい。次来たときは日本酒といただきたい。

さて、一人では結構なボリュームの油揚げを平らげ、蕎麦は、人気のねぎせいろをチョイス。やってきたのを見ておどろいた。ねぎだけじゃなくて、いかのゲソ天ぷらがあたたかい汁に入っている。

f:id:mamiwa02:20181110003528j:image

蕎麦だけ味見し、汁につけて蕎麦を食べる。油揚げと同じく、汁もやはり少し濃いめ。蕎麦は適度なコシとのどごしと、ほんわか蕎麦の香りで、ちょっと優しい感じがした。そんな蕎麦とネギとゲソとをほおばる。おいし〜!なんというか、店の雰囲気と同じく、ホッとする味だ。

接客はとても感じくて、一人で酒を飲んでいる人も多く、たいそう居心地がよかった。

いや〜満足満足。ごちそうさまでした。ぜひまた再訪したい。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[翁庵 (おきなあん)]
営業時間:11:00~20:30
定休日:日曜日、祝日
TEL:03-3831-2660
住所:東京都台東区東上野3-39-8
アクセス:東京メトロ日比谷線上野駅より徒歩2分、JR各線上野駅浅草口/広小路口より徒歩4分

Google マップ

湘南台「元祖鴨南ばん本家」で江戸時代からの味を満喫【蕎麦前紀行】

神奈川県藤沢市にある鴨南ばんの元祖の店

以前から気になっていた「元祖鴨南ばん本家」へ行ってきた。店名の通り、なんでも鴨南ばんの元祖の店だという。

場所は、地下鉄・小田急相鉄線の「湘南台」駅から徒歩約3分。そんな店が地元(藤沢市よりの横浜市在住)にあったなんて!元祖って、どんな鴨南ばんが食べられるのだろう?とかなり期待しながら、店に到着。

到着したのは14時過ぎだったが、3連休のためか、そう広くない店内は、満席だったので、名前を書いて待つ。

創業200年あまりの老舗蕎麦屋

「元祖鴨南ばん本家」は江戸時代文化年間(1810年頃)、日本橋馬喰町の鞍掛橋で創業。初代が長崎の「南蛮煮」をもとに「鴨南ばん」を考案したところ、江戸中の評判となったそうだ。
明治の中頃から3代目が店名を「元祖鴨南ばん」とする。その後、関東大震災大正12年)の大火事で店は消失してしまうが、4代目が再興。
5代目の頃は、妻が「鴨せいろ」を考案し、各地に支店もできたため店名に本家をつけ、現在と同じ「元祖 鴨南ばん 本家」したそうだ。現在の店主は8代目。湘南台に移転したのは7代目の頃だというから、最近のことらしい。

メニューを見ながら待っていると、ほどなくして、店内の小上がりの席に案内された。

店は28席ほどでそう広くはない。建物は新しいようだが、老舗だけあって純和風のいかにも”蕎麦屋”な佇まいが守られている。

江戸っ子が絶賛した幻の食材「銀宝」の天ぷら

看板メニューはもちろん、鴨南ばんだが、一品料理も豊富だ。板わさや天ぷら、卵焼きなどの定番から、鴨の陶板焼き、鴨わさなんてものもある。

この日は、合鴨の陶板焼き(1000円)と小松菜のおひたし(450円)、そして、季節の限定メニュー、銀宝の天ぷら(800円)をお願いした。

なんてサラっと書いたけど、メニューを見た瞬間、銀宝、ギンポって何⁉と頭の中がはてなマークでいっぱいになったのであった。

何やら不思議は呼び名であるが、品書きには「江戸時代から『銀宝を食べずんば天ぷらを語ることなかれ』と言われ、現在では幻の食材になっています」とある。

これだけでは、さっぱりだが、隣のめごちの天ぷらの説明に、「砂底に住む魚、穴子や鱚(キス)、櫨(ハゼ)、銀宝と並んで代表的な江戸前の天種」とあるので、魚なのだろうということが想像がついた。

これは食べてみないわけにはいかないだろう。

さて、ビールで乾杯しつつ、蕎麦味噌と小松菜をつまんでいると、やってきたのは、合鴨の陶板焼き。

f:id:mamiwa02:20180924232959j:image

鴨が肉厚!一口食べると、弾力のある肉からうま味がじゅわっと広がった。陶板焼きってタレの味が濃い印象があるんだけど、タレがあっさり目で、お肉の味がしっかり楽しめる。美味。そして、お肉ならやっぱり日本酒だ。ぬる燗が進んだ。

「銀宝」の味は?

f:id:mamiwa02:20180924232920j:image

お次はお待ちかねの銀宝の天ぷらだ。

見た目は、白身魚?というより穴子のような感じだろうか。かぶりついてみると、うわ!穴子よりもっちり弾力の歯ごたえ。しかも、外の衣はサクサク、中はもっちり、と食感のゴールデンコンビだ。そして、穴子より白身の味わいがしっかりしている。

いやー美味しい。そりゃあ江戸っ子たちに、「銀宝を食べずんば天ぷらを語ることなかれ」とも言われるわな。その通りだわ。

今日の蕎麦前は、中身が濃い!すでに超楽しい。

(ちなみに、銀宝をネットで検索したら、名前の通り、不思議は見た目だった)

www.zukan-bouz.com

 

初代の味を再現した鴨南ばん

f:id:mamiwa02:20180924232928j:image

が、〆は、やはり、鴨南ばん。

その名も「治兵衛の鴨南ばん」(1400円)だ。これはなんでも初代「笹屋治兵衛」が出していた「鴨南ばん」を再現したものだそう。こちらの蕎麦には、合鴨ではなく青森県産の本鴨、葱は江戸野菜である江戸千住葱を使用しているそう。

普通の鴨南ばん(950円)もあり、そちらは合鴨を使用。そちらでも十分美味しいのだろうけど、初来店なので、ぜひ初代の味を!と思い、治兵衛の蕎麦を頼んだ。
運ばれたきた蕎麦には「鴨」と書かれた漆塗りの蓋が。そして、蓋を開くと、これまたボリュームたっぷりだ。

肉厚の鴨肉がどーんと器に盛られている。しかも、骨付き肉まで。気になる味は、これは、今まで食べた鴨肉の中でもやはりダントツに美味しい。より身がしまっていて、味が濃い。お蕎麦はこしがある。ネギも味が濃い。しかも、ほのかに肉がついた骨付まで入っていた。

肉にかぶりつきつつ、蕎麦が伸びぬようにと蕎麦をほおばる。もごもごと口いっぱいに、鴨さんのうま味と蕎麦を堪能する。だが、特筆すべき点はそれだけではない。

そう、汁だ。

一般的に鴨南ばんの汁って、甘くてちょっと濃いめ、が多いけど、ここのは、鴨の出汁を全面に出しているためか、また、鴨肉じたいを味わえるように配慮されているのか、とてもあっさりしていて、上品な味わいだった。それでも、うま味が凝縮されたその風味は、物足りないということもなく、極めてバランスがよい。すべて飲み干してしまった。満腹……。

湘南台で江戸の味を堪能できるなんて。貴重な店。ぜひまた足を運びたい。昼下がりの蕎麦前をたっぷり満喫できました。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[元祖鴨南ばん本家]
営業時間:11:00~20:30
定休日:木曜日
TEL:0466-45-5033
住所:神奈川県藤沢市湘南台2-22-17
アクセス:湘南台駅出口Dから徒歩2、3分

 Google マップ

「かのや」新橋駅構内店で仕事帰りごはん【女子的立ち食いそば探訪】

f:id:mamiwa02:20180829213559j:image

週3日の仕事帰り。

お腹が減った蕎麦が食べたいという気持ちでいっぱいだった。

この前ブログに書いた立会川の吉田家が、調べてみたら職場の最寄り駅から20分くらいという事が判明したので、頭をよぎったのだが、フリーのほうの原稿をいくつか抱えているものだから、やはり気が引けると思い、新橋でサクッと天ぷらと蕎麦を食してきた。

立ち寄ったのは、都内に数店舗展開している大衆蕎麦の店「かのや」。

新橋の烏森口駅構内にあり、何度か店の前を通っていたが、入店するのは初めて。

店内は、立ち食い的な蕎麦店にしては広め。椅子付きのカウンター席に腰掛ける。

オープンからそう年数は立っておらずきれいなためか、若い女性も多く、一見カフェのような客層。誰でも入りやすい。多くの店舗を展開してる富士そばより入りやすいよ。

ということで、もりそばと、エビ天とイカゲソ天をいただきます。

まずは、蕎麦から。

大衆蕎麦にしてはコシがあり、まずまず。蕎麦の風味も大衆蕎麦店ではあまり感じることはないが、わずかにだが感じられた。

つゆは、あっさりしているが、バランスがよい。

天ぷらは、ゲソ天(160円)が、想像していたのと違った。こじんまりしているものを想像していたのだが、かき揚げのようなものが出てきた。かじってみると、衣はせんべいのようにカタイ!!

え、失敗作…じゃないよね!?そんなわけないか。かけ蕎麦と馴染むように、カリカリに揚げているのだろう。

でも、私が頼んだのはせいろ。熱々のつゆに浸せるわけじゃないから、ひたすら、ガリガリする羽目に…!おかずというより、まるで…ビールのつまみじゃん!!これは想定外だった。

だが、ゲソじたいはしっかり魚介の旨味があって、蕎麦と一緒に食べると結構いい感じだったから、まぁいいか。

エビ天(140円)はかわいいサイズ。こちらは、揚げたてのようで、まぁ普通に美味しい。

というわけで、感想としては、総じて「まずまず」なのだが、最後に味わった蕎麦湯がなかなか美味しかった。しょっぱすぎず薄すぎず甘すぎず辛すぎず、すっと口に馴染むバランスの良い風味をゆっくり味わった。

ちなみに、HPによると、かのやのうどんは手打ち麺、蕎麦は五割蕎麦。どちらも生麺からゆであげているそう。

また、蕎麦のだしは、本ガツオ節、ソーダカツオ節、サバ節でとっており、うどんのほうは、瀬戸内のにぼし、利尻昆布、ウルメ、カツオ、サバ、でとっただしとのこと。

全体的にめちゃめちゃ美味しいというわけではないが、せいろは290円という値段を考えると、がんばっているのではないだろうか。

ちなみに、麺の量はちょっと少な目だった。ここのものなら、ミニ丼とのセットも楽勝で食べられそう…。まぁカロリーについては考えたくないけど。

というわけで、わざわざ行きたい!とは思わないけど、帰り道にあるのでまた利用させてもらうと思う。

 

★「かのや」の魅力:笑っちゃうくらいガリガリのゲソ天、バランスのよいつゆ、量は少な目なのでサイドメニューも存分に楽しめる。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[かのや 新橋駅構内店]
営業時間:7:30~23:00
定休日:無休(1月1日~1月4日のみ休み)
住所:東京都港区新橋2-17-14
アクセス:JR新橋 烏森改札口すぐ

 Google マップ