ほろ酔い老舗巡り。酒好き女子の飲み歩きブログ

日本のごはん・蕎麦屋・飲み屋・おいしいもののメモ。ときどきアートや旅の話

【浅草】並木藪蕎麦で天ぬきデビュー

f:id:mamiwa02:20180526012356j:plain

ずっと行きたいと思っていた「並木藪蕎麦」へ行ってきた。

私は以前、浅草で働いていたことがあったのだが、残念ながらその頃に足を運ぶ機会はなかった。というのも、こちらの店の営業時間は11~19時半。仕事は19時までだったので、定時にオフィスを出られても、終わってから行くのではぎりぎり。

しかも、ランチに行くには遠いし、混んでいるだろうし、何より食いしん坊な自分は、お昼ごはんに蕎麦だけではお腹がすいしまう。かといって、さすがの私も仕事中に蕎麦前を楽しむわけにもいかず。そんなこんなで足を運ぶ機会がないなまま、以前の職場は退職してしまった。

今回は、立川談春の独演会で浅草へ。落語前に蕎麦屋で酒だ。しかも平日の昼下がり。思わず天国かよと自分に突っ込みたくなるくらいの幸せな午後である。

場所は、雷門から駒形方面に歩いて2、3分。

昔ながら質素な店構えが見えてくる。

扉を開けると、左側に小上がり、右側にテーブル席。こちらは1913年創業の老舗。建物近年改装されたらしく、内装はとても小ぎれいな印象だ。

メニューは、店内に張られた筆書きのみでとてもシンプル。

訪れたのは16時半頃だっただろうか。入店したときはまばらだったが、3、40分後にはほぼ満席に。観光地ということもあるが、この時間にこの客入りはさすがだなぁと思った。でも、皆さっと食べて帰ってゆくのがかっこいい。

それにしても、客足が絶えない理由がなんとなくわかる。ふっと、足を運びたくなる伊店なのだろう。

中年の女性のさりげなくも和やかな接客、和の趣が大切に守られている内装、照明の明るさ、お客がいるのに静かで凛とした空気、少し広めのテーブル、すべてが絶妙なバランスのもと、すごくリラックスできるのに、心はしゃんとしていられる、とても心地がよい不思議な空間だ。

江戸風俗研究家の故杉浦日向子さんが、

うまいソバとうまい酒を供する店は、ほかにいくらでもある。

だけど、並木でなくてはダメなんだという午後がある。

書籍『ソバ屋で憩う―悦楽の名店ガイド―』より引用

と本の中で、いっていたのがものすごくよくわかると思った。この文の意味を肌で感じた。

さて、まずはビールと板わさをオーダー。

f:id:mamiwa02:20180526012107j:plain

板わさはすごく上品な量だね。

その後は、焼きのりと樽酒を。

蕎麦味噌がお品書きにないなと思ったら、お酒と一緒にやってきた。酒を注文すると出してくれるようだ。

板わさや焼きのりに使われている醤油が美味しくて彼氏と感動した。

そして、私は、今回初めて"天ぬきデビュー”をした。

一品料理が豊富な店だと、あれもこれも食べたいとなるので、今だかつて未経験であった”ぬき”。(※汁と種物だけで蕎麦のないもののこと。酒のアテにぴったり)

f:id:mamiwa02:20180526012129j:plain

一口すする。ちょっぴり濃いめの汁と、汁を吸った天かすをもぐもぐ。

風味を残して、お酒をいただく。

それの繰り返し。天ぷらは、海老。おつゆと天かすに慣れた舌に、じゅっとあふれる海老の旨みのインパクト!

蕎麦もみずみずしくて、香りがあって、おいしい。辛汁(せいろのつゆのこと)をつけずに食べてもおいしい。

f:id:mamiwa02:20180526012136j:plain

辛汁は、濃いめなので、先っちょだけだけつけてすすると、蕎麦の香りとかつおの香りが相まって至福の風味だ。は〜満足満足。

ごちそうさまでした。

あ、そうだ、鴨南蛮が食べたかったが季節限定のようなので、そのうちまた足を運ぶこと必至です。

★食べたもの

板わさ 

焼きのり

天ぬき

ざるそば 700円

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[並木藪蕎麦]
営業時間:11:00~19:30
定休日:木曜日
TEL:03-3841-1340
住所:東京都台東区雷門2-11-9
アクセス:都営地下鉄浅草線東京メトロ銀座線のA4&A5出口から徒歩1分

Google マップ

【大森】蕎麦前初心者にもオススメの老舗蕎麦屋「布恒更科」

f:id:mamiwa02:20180424024512j:image

もともと蕎麦が好きなんだけど、1、2年前から蕎麦屋で呑む、いわゆる”蕎麦前”に目覚めて、機会を見つけてはお酒が飲める蕎麦屋に足を運んでいる。

先日2度目の来店を果たしたのが、大森駅にある「布恒更科」。前回は訪れたのは1年以上前。蕎麦と蕎麦味噌が美味しかったのと、ぜひまた行きたいと思った記憶はあるのだが、細かいことは記憶の彼方……。

前回も今回も訪れたのは土曜の昼で、店の前には列ができていた。この日も3、40分並んだ。これでも前回よりは早く入店ができたほどの人気店だ。

暖簾をくぐるなり、ああ~そうだそうだ!こんな店だったなぁと思った。あたたかくてすごくホッとできる雰囲気。

席に案内されるやいなや、まずはビールで乾杯。お通しは切干大根。お腹が空いていたので、あっと言う間に平らげる。少し暖かくなってきたのでビールも美味しいなぁ。

さて、品書きを眺める。一品料理が豊富でたっぷり蕎麦前を満喫してください、と言わんばかりだ。蕎麦味噌、鳥わさ、板わさ、卵焼き、抜きおろしや抜きとろろなどなど。蕎麦屋酒好きの方は知っていると思うが、”抜き”とは、蕎麦屋の伝統的な酒肴で蕎麦を抜いた、汁と種物のことだ。天ぷら蕎麦の蕎麦ぬき、鴨南蛮の側抜きなどがあり、天ぬき、鴨ぬきなどと呼ばれている。日本酒のアテにぴったり、なのだと思うが、偉そうにうんちく述べておいて”抜き”をまだ試したことがない私。

だって、いつも美味しそうな一品料理につい目が……。品書きに書いていない店も多いし。恐らく、お酒が置いてあるようなお店であれば、頼めばたいてはやってくれると思うけど。

布恒更科では、他に季節の品書きなどもあり、しっかり蕎麦屋酒を満喫できる品揃えだ。もちろん、店内にはお酒を楽しんでいる人たちも少なくない。

f:id:mamiwa02:20180424024953j:image

まずは、蕎麦味噌と、お腹がすいていたので、暖かく満腹感がありそうな鳥くわ焼チョイス。

鳥くわ焼は甘辛いタレにたっぷり浸されて焼かれた鳥の美味しいこと美味しいこと。山椒との相性がよく、うなぎのタレを彷彿させる味わい。日本酒に合う。

蕎麦味噌は同じく、甘辛さと蕎麦の実のコクが相まって美味。でもしつこくないのが不思議。前回は思わずお代わりしてしまったっけ。

続いて、今回すっかりはまってしまったのが猪口むしだ。

f:id:mamiwa02:20180424024549j:image

蕎麦猪口の茶わん蒸しにだし汁の餡がかかった絶品の品。出汁のまろやかさが口いっぱいに広がってすごく上品な味わい!

そして、もう一品ぐらいイケるかな?と迷いに迷って、酒肴三種盛りを。ぬたと、もずくと、あと一品は……すみません忘れてしまいました。が、蕎麦前をたっぷり堪能できたことには間違いない。

そして、蕎麦。もりと更科をお願いする。生粉打ち(繋ぎのない蕎麦)と田舎蕎麦(一般的に粗挽きのそば粉を使った蕎麦)は、残念ながら売り切れだった。

それでもしかし、更科ももりも美味しい。

f:id:mamiwa02:20180424025107j:image

更科は、もうゴムみたいにコシがあって、つるつるののど越しも最高。個人的にすごく好き。

せいろも、噛み応えがある。汁は辛口だで濃いめだ。でも濃いだけでなく風味がよく上品な辛汁。蕎麦の先をちょびっと浸して、ズズっと口に運ぶ。〆の蕎麦湯も最高。

それにしても、2度目の来店で、改めて、出される品々のレベルの高さに驚いた。高級料理店にも引けをとらないんじゃないかと思ってしまうほど。

それでいて気軽には入れて、蕎麦味噌160円とか猪口むし600円とか、驚きのコストパフォーマンスときた。もう本当オススメ。

こんな店が家の近くにあったら最高なのに~。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[布恒更科]
営業時間:[月~土]11:30~15:00、17:00~20:00[祝]11:30~15:00
定休日:日曜日
TEL:03-3761-7373
住所:東京都品川区南大井3-18-8
アクセス:大森海岸駅または大森駅 徒歩10分、大森海岸駅から259m

Google マップ

ビールが美味しい季節は足立区の「スタミナ苑」へ

ビールの美味しい季節がやってくる。

ビールと合う食べ物といえば、焼き肉だ。どうして、あんなに合うのだろう。

特に日本の焼き肉のスタイル(牛が中心、甘いタレとか?)には、日本のラガービールはめちゃくちゃ合う。

日本のビールってお腹にたまるのがちょっとって思うことがあるんだけど、日本の焼き肉とか焼き鳥とか、そういう日本の料理にはやっぱり合うし、ずっと飲めるのが不思議。

他には、「焼き餃子とビール」も合うよね。どう考えても、水餃子とビールより焼き餃子とビールだ。中華料理で餃子といえば、水餃子や蒸し餃子だそうで、焼き餃子は日本生まれだが、焼き餃子が生まれた背景には、日本のラガービールの存在が大きかったんじゃないだろうか。

お酒と料理の文化って本当面白い。

ってことで、ビールが美味しい焼き肉を食べに、今週の日曜に足立区にある「スタミナ苑」に行ってきました。

f:id:mamiwa02:20180407031457j:image

「スタミナ苑」は、芸能人や著名人のファンも多い知る人ぞ知る焼き肉店。なんと、訪れた日も某女優さんが訪れていて、びっくり。

赤羽や西新井、西新井大師前、などからバスやタクシーと、アクセスは決して良いとはいえないのに、週末は必ず行列。3回目の訪問だったが、横浜市に住んでいる私が行くのは、ほぼ週末。ということで毎回、列に並ぶこと必至なわけなんだけど、それも全然苦じゃない店だ。ちなみに、予約は一切不可。常連でも芸能人でもグループの誰かは並ばなくては入れない。

この日は17時半くらいに店について結局1時間ちょっと並んだ。もちろん、曜日やタイミングによってはもっと待つことになる。

ようやく、店の主であるおやじさんに案内され席へ入る。

並んでいるときに、店員さんが注文をとりに来て、いくつかオーダーしていたので、席につくとスムーズにお肉や料理が出てきた。

生野菜という名のチョレギサラダは味が濃くて、なんか焼き肉屋来た~って感じがして好き。

f:id:mamiwa02:20180407031524j:image

f:id:mamiwa02:20180407031539j:image

 ビールを飲みながら、じゃんじゃん焼きます。

f:id:mamiwa02:20180407031601j:image

上タンは、ぶ厚くて、柔らかくてジューシー!甘さを感じるほとの旨みが弾ける!そして、スタミナ苑に来たら絶対外せないミックスホルモン。臭みなんて微塵も感じず、本当に美味しい。

その他、上ハラミ、ハラミ、赤身なども堪能。あ、この日食べるの忘れたけどレバー甘くても美味しい。

〆はテグタン。

黒蜜杏仁というデザートも食べた。

今回、店員さんは、男子高校生のバイト君が多かったなぁ。

隣の席では、サンチュを頼んでいる男性に「野菜なら生野菜(チョレギサラダ)がオススメです」と新人君が返していた。

それを聞いた私は、心の中で、いやサンチュとサラダは違くね?と思っていたところ、男性が「いや、巻きたいんで」と返していて笑えた。そうだよね……。

なんか、このブログを書きながら、食べたものを思い出してみたら、あれ?これしか食べてなかったっけ?って思って、もっとたくさん食べればよかったなぁ〜とちょっと心残り。

腹8分目にはなったし、美味しかったので満足はしたんだけどね。

また近いうちに行かなくちゃ。

だってこれから暖かくなり日に日にビールが美味しい季節になる。

夏の夕暮れ時に、ひっそりとした商店街の一角で、香ばしいニオイを嗅ぎながら、ビールと肉をただひたすら待つというのも結構楽しいのだ。

f:id:mamiwa02:20180407031615j:image

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[スタミナ苑]
営業時間:[月・水~金]17:00~23:00、[土・日・祝]16:30~23:00
定休日:火曜日・第2・3水曜日※変更する場合あり
TEL:03-3897-0416
住所: 東京都足立区鹿浜3-13-4
アクセス:赤羽駅十条駅西新井駅からバス

 

戸越銀座で蕎麦前。田舎蕎麦と天ぷらのハーモ二ーにうっとり

週末、成りゆきで戸越銀座に行ってきた。

東急池上線とやらに乗ったのももしかすると生まれて初めてだったかもしれない。東急池上線戸越銀座駅は、少し前にリニューアルされたようで新しいのだが、木のぬくもりとレトロな雰囲気も漂うデザインの、とてもおしゃれな駅でびっくりした。

ここに写真がいっぱいあるよ↓

www.sign.or.jp

そして改札を出ると戸越銀座の、終わりが見えずにものすごーく長いことにもびっくりした。とりあえず、歩く。

チェーン店やスーパーもあるんだけど、奥に進むにつれて、昔ながらのパンやさんとか、おでん屋さんとか焼き鳥屋さんとか、蕎麦屋さんとか、すてきなお店が次々目に入ってきた。

お腹が空いてなかったので、食べ歩きはできなかったんだけど、「ハリヤマ」という昔ながらのパン屋さんで、甘食をおみやげに購入(次の日食べたら激ウマ)。ここではピロシキも売っていてとても惹かれたんだけど、夕方だったのでもう売り切れていた。

そして、いろんな店を横目にとりあえず、終わりのほうまで歩き、おしゃれな塩屋さんをみつけた。「solco」といって、世界中から集めた塩がおしゃれなボトルに入って並んでいるお店。

おにぎりにつけて試食や、塩を使ったスイーツ、日本酒やコーヒーもあり、小さなイートインスペースもあった。私は少し歩き疲れていたので、この日はあんまり乗り気になれなかったんだけど、次は日本酒とおにぎりといろんな塩を試してみたいな。

そんでもって、この「solco」の近くにあったお蕎麦屋さんに入ってみることに。

その名も「そば切り 翁」。手打ちそばのお店だ。

店内はこじんまりとしているんだけど、木のぬくもりを感じる落ち着いた大人の雰囲気。お酒や肴や蕎麦前のメニューが豊富で夜遅くまでやってるのもうれしい。入店したのは19時頃だったが、ひっきりなしにお客が入ってくる。家族連れやカップルや夫婦が多いかな。不思議と同性同士で来ている客を見かけなかったが、雰囲気がよいので、確かに夫婦でしっぽりするのにぴったりの店だ。

ふぐ皮ポン酢とほうれん草のお浸しを頼んで、ビールと熱燗でほっとひと息。

ふぐ皮ポン酢は、厚切り?でもっちり感を楽しめて美味だった。ほうれん草のおひたしも、汁にひたひたなんだけどシャキシャキしている、本物のおひたし。

本当は白子ポン酢とか卵焼きにもすごく惹かれたが、昼間がっつり中華を食べており、塩分とか、カロリーとか気になるし、お腹もそんなに空いてなかったので、この日は断念する。

蕎麦は田舎蕎麦と細切りの相もりを、天ざるで。そんなにお腹空いてないとかいいつつ、天ぷらの誘惑には負けたのだけど。

頼んで正解。

f:id:mamiwa02:20180322121415j:image

天ぷら素材の味から美味しい。蕎麦にもめちゃくちゃ合う。普段そんなに天ぷら蕎麦って食べないんだけど、こんなに合うものなの?って感じ。おまけに天つゆに柚子が入っていて、柚子と天ぷらと蕎麦のハーモ二ーにしばしうっとり。

肝心の蕎麦なんだけど、田舎そばがモチモチしていて、コシがあって、噛めば噛むほど蕎麦の香りがふわっと広がって、うわー好き!と思った。細い蕎麦も少し太目でコシがあり、こちらもおいしい。

汁はあっさりめの甘い汁。

蕎麦じたいの香りを楽しむためには、これくらいあっさりしているほうがいいんだろう。

蕎麦も肴もどれも美味しくて大満足。

立地のせいか、コスパもよくて、ぜひぜひまた来たい店だ。

夕方ぶらりと立ち寄ったので、今度はゆっくり戸越銀座散策したいと思う。温泉の銭湯や地方のアンテナショップなどもあるみたいなので1日遊んでみたいな。

疲れてたのと、ブログに書こうと思ってなかったので全然写真撮ってなかったよ。思いのほか楽しかった。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[蕎麦切り 翁 (おきな)]
営業時間:[月~金]12:00~14:00、18:00~24:00 [土・日・祝]12:00~14:00、18:00~24:00
定休日:火曜日
TEL:03-3781-8378
住所: 東京都品川区豊町1-7-6
アクセス:戸越駅下神明駅 から約10分、大崎駅・戸越銀座駅 から約15分

Google マップ

全部おすすめしたい。美味しいもの三昧の赤羽飲み歩き日記

f:id:mamiwa02:20180312003812j:image

今週末、赤羽を放浪してきました。

酒場好きとしては一度は行ってみたいなと思っていた場所。

駅に着いてまっすぐ向かったのは鯉とうなぎ料理で知られる居酒屋「まるますや」。居酒屋が密集している「一番街」にある超有名店だ。

f:id:mamiwa02:20180312003843j:image

覚悟はしていたのだが、やっぱり並んでた。

なんだかんだで30分ほど待ち入店。

1階へ案内される。1階はコの字のカウンターが2つある仕組みで、壁には赤文字でメニューがズラーっと貼られている。鯉料理や鰻だけでなく、揚げものや煮物や和え物などメニューは豊富。鯉の洗いを頼んで、とりあえずハイボールと日本酒で乾杯。

まるますやには2つのルールがある。

1.他の店で飲んできた人は入店できない

2.ドリンクは1人3杯まで

そのため、どうやったらおいしくたくさん飲めるか計算しながらオーダーしなくてはいけない。お店のおかみさんに「はいこれで最期だよ」とか「あと1本ね」とか言われながら杯を進める。でも1Lのチューハイボトルとか、瓶ビール大も1杯扱いなので、そういう裏技?使うと結構飲める。

お客はまさに老若男女!若い人からおじいさんまでいるし、まるますやではお食事だけも歓迎!とうたっており、小さな子供を連れた家族連れまでいる。

鯉の洗いに続いて、食べたのが鰻の肝焼き。

f:id:mamiwa02:20180312003859j:image

これは……、さすがに美味しい。もちろん日本酒とともに。こんがりとした焼き加減と苦味と旨みが三位一体となって、踊ってる……。もう1本食べたいくらいだった。

それにしても、肝焼きってありますか?と聞いたら、「はい、今焼いてるからね~もうすぐだから待っててね~」とおかみさん。そして「はい、肝焼き食べる人!!肝焼き食べる人!」と掛け声。へ?挙手制かい!!と心の中で突っ込まずにはいられなかった。

あとは、鯉の煮付けとかにみそとモズク酢で〆。

お酒は2人でハイボール1杯と熱燗を5本。しっかり1人3杯飲んだ。

創業は昭和25年とのこと。60年の老舗だが、なんか、もっと前からこの地にあったような佇まいだったなぁ。

その後は、小さなおでんの店に入って、もう少しお酒を楽しんだ。

次の日に向かったのは、立ち飲み屋の「丸健水産」。ちょうどお昼どきということもあったのか、こちらも行列ができていた。 

f:id:mamiwa02:20180312004021j:image

丸健水産では、先にドリンクとおでんをオーダーすると、立ち飲みスペースに案内される。ごっそりと煮込まれ、ほわほわ湯気をかもしているおでんはしずる感たっぷりで、列が進みおでんが視界に入ってからはどれを食べようか悩みんでいると、意外とあっという間に順番がやってきた。

食べたのは、こんぶ、大根、厚揚げ、もちきんちゃく、彼氏のじゃがいもとばくだんというにらなどを練り込んだオリジナルの種もつまんだ。あっさりとした出汁はそれぞれの種のおいしさや個性が際立つ。 

f:id:mamiwa02:20180312003928j:image

お酒は、ビールもあるんだけど、カップ酒の出汁割りがとんでもなく絶品だった。酒は「丸眞正宗」(まるしんまさむね)という銘柄で、和食とよくあう食中酒だそう。ちなみに、この酒の製造元「小山酒造株式会社」のHPを見てみたところ、ちょうど今年の2月いっぱいで清酒製造業から撤退していた。製品については小山本家酒造が取り扱っていくらしいが、正式なリリースはまだされていないよう。数少ない都内の酒造会社がなくなってしまうのは非常に残念だ。

出汁割りの話に戻ろう。

カップ酒を50mlほど残して飲んだところへ、出汁を入れてくれる(要酒代に加え100円)のだが、これが美味しいのなんの!立ち飲みスペースが30分なのと、おでんがなくなると再び並ぶわけにもいかずアテがなくなるので、しぶしぶ退散するが、そんな制限がなければ延々飲んでしまいそうなくらい美味しい!

おでんも種が大きいので、びびっていたのと他の店も行くかなと思い、控えめにしておいたのだが、やっぱりもっと食べたかった……という気持ちと、この出汁割りが美味しすぎて、後ろ髪惹かれる思いで店を去ったのであった。

その後、おいしいものを求めてさ迷った末、一番街近くの「みな★くる」という店に。カレーが看板商品のようで惹かれたのだが、店に足を踏み入れると、そこは地元の常連さんが和気あいあいと時をすごしているスナック風の飲み屋なのだった。

さすが赤羽。とりあえずみんな昼から飲んでる。

常連さん水入らずの空間に飛び込んでしまったので、なんかだ気を使わせてしまい申し訳なかったのだが、トマトハイやらビールやら焼酎やらをいただき、カレー屋を営んでいたマスターのお父様直伝のカレーを食べる。さらっとしているんだけどスパイスが効いていて大変美味だった。

その後は、漫喫で昼寝をして、再び町へ繰り出すも、すでに昼間も歩き回って商店街とか行ってみたんだけど結局飲み屋が密集する一番街周辺に戻ってきてしまったし、とにかく飲み屋以外に行くところもこれといって食べるものもない、赤羽。

ずっとお酒を飲んでいて、さらに路地でどうしよう何する?と横丁でたむろっているサマは、なんかもう、ただの酔っ払い……みたいな。もうお酒は抜けてたけど。

 結局ごはんつぶが食べたいこともあって、仙台の牛タン専門店「」へ。仙台以外の国内店は赤羽と大宮だけという貴重なお店。専門店だけあって牛タンはすごく美味しくてごはんと一緒に食べて満足。

こんな感じで幕を閉じた赤羽放浪。この地へ来たらひたすらお酒を飲むことになる、でもすべてのお店が美味しいということが判明したのでした。

 

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

 

[まるますや]

営業時間:平日 10:00~21:30、土・日・祝 9:00~21:30、
定休日:月曜
TEL:03-3901-1405
住所:東京都北区赤羽1-17-7
アクセス:JR東北本線「赤羽」駅東口より徒歩3分

Google マップ

 

[丸健水産]

営業時間:月~金10:30~21:00、土・日・祝10:30~20:30
定休日:第3水曜日
TEL:03-3901-6676
住所:東京都北区赤羽1-22-8
アクセス:JR東北本線「赤羽」駅東口より徒歩3分

Google マップ

 

[みな★くる]

営業時間:13:00~23:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
TEL:03-3901-8020
住所:東京都北区赤羽1-17-3
アクセス:JR赤羽駅東口徒歩2分

Google マップ

 

[]

営業時間:17:00〜23:00
定休日:月曜日
TEL:03-6324-3033
住所: 東京都北区赤羽1-12-1
アクセス:JR赤羽駅東口から徒歩3分

Google マップ