ほろ酔い老舗巡り。酒好き女子の飲み歩きブログ

日本のごはん・蕎麦屋・飲み屋・おいしいもののメモ。ときどきアートや旅の話

初めての大山詣りへ。自然と大山阿夫利神社でパワーチャージする旅【後編】

さて、大山阿夫利神社下社へやってきた。

前編はこちら↓

kamakura-enoshima.hatenablog.jp

 

少し坂道を登り、間もなく見えてきたのは、鳥居の前の土産屋や食事処、カフェなどが並ぶ中腹。そして、さらに階段を登ると、その先に鳥居と社がある。

観光地なのだから、当然といえば当然なんだけど、14時なので参拝のピークを過ぎている(登山客も多いので早くから活動する人が多い)にもかかわらず、どこかほっとする"賑わい"があった。
いまは平成最後の年、2018年。大山参拝が大ブームとなった江戸時代が終わった年から数えても、150年の月日がたっている。科学や文明の発達により、江戸時代に比べたら神様仏様への信仰心も格段に薄れている。でも、山に登りたい、心が洗われるような山からの景色を見たい、神社にお参りしたい、という日本人のDNAはすたれていないのだなぁと思わされた。

そして、境内は、清々しかった。

厳かな雰囲気とは一味違って、登山客が一服したり、参拝者がお参りをしたり写真を撮ったり、相模湾や富士山が見える展望を楽しんだり。みんな自由にのびのび過ごしている。

途方もない歴史をもつにも関わらず、ほっとする、どこかあたたかさを感じる神社だった。

f:id:mamiwa02:20181121225038j:plain

f:id:mamiwa02:20181121230043j:plain

そして、相模湾と遠くにうっすら見える江の島の景色にちょっぴり感傷的になる。なぜかと言えば、故郷(地元)の戸塚宿(⁉)と江の島は、ほど近い距離。遠い地(県内だけど……)から我が故郷を眺めているような気分になったのだ。

f:id:mamiwa02:20181121225143j:plain

f:id:mamiwa02:20181121225209j:plain

参詣を済ませ、御朱印とおみくじをもらい、大山の水とやらを飲んだり、上社へと続く階段を覗いたり(覗くだけ!)、小さな滝を見に行ったり、すっかりミーハー心を満たし、次に向かったのは、大山寺だ。

大山寺へは、大山ケーブルカーで行くこともできるのがだが、ケーブルカー待ちが行列で次の便に乗れるか怪しかったため、ちょっと歩いてみる?という好奇心と、大山MAPを見ると、下社から大山寺まで20分とあったので、歩くことにした。

ところが、実際に下ってみると、運動不足に加え、本格的な登山は経験がない私にとっては、想像以上に急で険しい道におろおろ、想像以上の高さにひやひや、延々と続く石階段に足ガクガク、という感じで、30分以上もかけて大山寺へ(っていうか本当はもっと長かったんじゃ?と思うんだけど)。

しかも、寺に着く頃には、太ももが笑ってしまい、緩やかな階段になっていたものの、彼氏に摑まって歩くような状態。準備運動……するべきだったよね⁉ 

とはいえ、大山寺もまた、ほっと癒されるような寺だった。こちらも歴史は古く、天平勝宝7年、東大寺を開いた僧、良弁による創建と伝えられている。

 

f:id:mamiwa02:20181121225309j:plain

本尊に祀られている不動明王鎌倉時代のものだそう。こじんまりとしたお寺なのだが、妙に落ち着く。そして、お参り後に御朱印をもらうと、「ようこそ大山寺へおいでくださいました」と笑顔で対応してくださり、苦労してきた甲斐があったなぁという気分になった。

境内には、本殿の帆赤、小さな塔(宝篋印塔という)や、小さな滝(倶利伽羅滝だって)などある。あとは、1回200円で鐘を鳴らせるといううれしいオマケも。さっそくやってみたところ、ゴ〜〜〜ンと癒やしの音と振動が響き、しばし、心を静める時間に。

気持ち的には、ここまでの疲れもすっかり癒やされて、寺を後にした。

f:id:mamiwa02:20181121225426j:plain

この後、大山ケーブル駅まで、また歩くことにした私。幸い、大山阿夫利神社下社から大山寺までの道のりと比べるとかなりゆるやかで、無事大山ケーブル駅にたどり着けた。と、思っていたのもつかの間。バス停留所まで、また階段を下ると、もう太ももががくんがくん。

だいぶ前からリュックは彼氏に押し付けていたのだが、引き続き、背負わせ、私は、ときに手すりにすがりながら歩くハメに。極め付けは、バス停が見えたぞ!というときに、発車しま〜す!の掛け声が……。え、また走るの?ヤダ……と思いつつ、このバスを逃して、何十分か待つのもそれはそれでヤダ……てことで、結局、がくんがくんの太ももに耐えながらダッシュするというオチに。

想像の10倍くらい体力を消耗した大山詣りの旅。でも、江戸時代の人々に想いを馳せつつ、歴史ある寺社や自然にふれ、たっぷりパワーチャージできた。

次回は時間と体力を蓄えて、頂上を目指したい。

f:id:mamiwa02:20181121225459j:plain

初めての大山詣りへ。豊かな自然と大山阿夫利神社でパワーチャージする旅【前編】

f:id:mamiwa02:20181121231241j:plain

少し前に、大山に行った。

2200年と途方もない歴史をもつとされる大山阿夫利神社がある神奈川県伊勢原市の霊山だ。紅葉の名所としても有名だ。

寺社に参詣する旅が大流行した江戸時代後期には、霊山として熱く信仰を集め、人口100万人の時代に、多いときには年間20万人もの江戸庶民が来山したというからすごい。

江戸時代には、大山の他に、伊勢神宮、富士山なども庶民にとって一度は行きたい旅先だった。が、徒歩で旅する時代、気軽に参詣できる距離ではない。その点、大山は、江戸から2〜3日で行けることから、多くの人々が訪れたそう。また、当時は、源頼朝公が刀を納めた事から始まったという、木太刀を奉納し願掛けをする「納太刀」など独特の参拝の仕方も広まった。

ちなみに、大山への参詣の前後に江の島に立ち寄るのも、人気のコースだったそうだ。

そんなふうに、江戸庶民に親しまれた大山。浮世絵の作品も多く残っていて、「納太刀」や大山の背後に江の島が描かれているものなども残っている。

 

こちらは歌川広重の作品。大山には禊に使われていた滝もたくさんあって、その様子が伝わってくる。

f:id:mamiwa02:20181121230534j:plain『関東名所圖會 相模大山良弁之瀧』 歌川広重(初代)天保末期 

 

これは大山の賑わいぶりがすごい。人気ぶりを表した作品だ。

f:id:mamiwa02:20181121230706j:plain

『相刕大山 諸人参詣之圖(3枚組)』 歌川芳藤 慶応元(1865)年

 

明け方に日本橋を立つ大山講役者絵。「納太刀」の木刀、大きい。

f:id:mamiwa02:20181121230818j:plain

 『大山参詣日本橋之圖(3枚組)』歌川国輝 慶應2(1866)年

画像:神奈川県郷土資料アーカイブ

 

さて、大山へのアクセスは、まず、鉄道の最寄り駅である小田急伊勢原駅へ。そこから大山ケーブル駅までバスで約30分だ。

私の自宅の最寄り駅からは、大山ケーブルまで、おおよそ2時間ほどの道のり。ちなみに、新宿からもだいたい同じくらいかかる。

そして、大山ケーブル駅からケーブルカーで6分(徒歩でも可能だが片道40分以上の道のり)の場所に、大山阿夫利神社下社がある。ケーブルカーで行くことができるのは、そこまでで、山頂の大山阿夫利神社本社までは、下社から徒歩で1時間半。往復で3時間。つまり、やや本格的なトレッキングコース、のため、なんの準備もしていないうえ時間もないこの度は、断念。

今回は、ケーブルカーで下社まで行き、二重の滝という徒歩10分ほどのところまで散策後、下りはケーブルカーに乗らず、徒歩で下社と大山寺へ立ち寄り、大山ケーブル駅へと戻るという行程の旅となった。

とまぁ、サラっと書いたが、下りとはいえ登山のトの字も知らぬほどの体力のなさで、帰りは足ががくがく笑ってしまい、大変なことに……。それについては、のちのち書くとして……。

さて、大山ケーブルバス停に到着し、まずしたことは、腹ごしらえ!

伊勢原駅で入手したパンフレットによると、大山のふもとのバス停から、大山ケーブル駅までは、徒歩15分。でも、実際に着いてみると、延々と階段や坂。ただし、そこは「こま参道」という名の参道になっていて、土産店や食事処が立ち並んでいるので、ゆっくり歩けば「いい運動だな」程度かも。

今回立ち寄ったのは、こま参道にある「和仲荘」という豆腐懐石の店。なんでも大山の名物の1つ、大山豆腐料理発祥の店らしい。

佇まいは、昔ながらの日本家屋。引き戸を開けてみる。時刻は午後13時頃だ。奥から店員さんが出てきて、座敷か椅子かどちらが良いかと聞かれ、座敷を選択。広い座敷のお庭が見える席を案内してもらった。

こちらでは3品コース、5品コース、7品コース、があり、ごはんは別。1人で7品は多いかなと思い、5品コースと7品コースにしてもらう。

ビールで乾杯すると、最初にやってきたのは、ゴマ豆腐。好きなんだけど、食べそうで食べない、むしろ旅行先なんかでいただくことが多い、ほんのり甘く独特ももっちり感の一品。

その後は、山菜ととろろが添えられた「山かけどうふ」、この時期限定だという柿が入った「白和え」に続き、具沢山の「がんもどき」「とくせいどうぶ」「とうふグランタン」「蒸しグラタン」と、まさに豆腐尽くし!もちろん、どれも大変美味。どれも美味だけど、柿が入った上品な甘さの白和えが印象的だった。

f:id:mamiwa02:20181121224817j:plain

2人で瓶ビール1本とお酒1合を楽しんで、大山ケーブル駅へ向かう。

前述したが、バス停留所から大山ケーブル駅までは、徒歩15分とパンフレットにあり、食事は停留所から5分くらい歩いた場所だったので、ケーブルカー出発の20分前に店を出て余裕だと思ったのに、駅まで階段が続くためか、間に合うか怪しい状況に。

酒を飲んでいるから?なぜ?と思いながらも、上へ上へ。ケーブルカーまでたどり着くだけの道のりで、すでに登山気分⁉なんて考えていたら、駅が見えてきた!

ところが、発車時刻まで、なんと!あと2分!これを逃すと次は20分後!もうすでに息が切れ気味だったけど、最後の力を振り絞り、ダッシュ!なんとか間に合いました。

ケーブルカーの道のりは想像以上の急こう配。緑に囲まれ、まっすぐに敷かれた線路をぐんぐん駆け上がる。階段の辛さも忘れ、窓から見える景色に興奮した。

f:id:mamiwa02:20181121224915j:plain

そして、途中で大山寺駅に停まり、あっという間に、大山阿夫利神社下社の駅へ到着。駅に着くと、神社へ行く前に、大山からの眺めを堪能。相模湾と緑が美しく、登山をしたわけでもないのに、「ああ、山っていいな」と思った。

そして、景色を堪能した後は、いよいよ大山阿夫利神社下社へと向かう。

 

 

滋味あふれる鳥さしと塩焼きに舌鼓。親子丼で有名な「鳥つね 自然洞」で鳥づくしの夜

少し前に行ったお店のメモです――。

f:id:mamiwa02:20181110143718j:image

 

とある週末に御徒町にある親子丼の店「鳥つね 自然洞」へ、ちょっと遅めの夕飯とお酒を楽しみに、足を運んだ。

こちらは、以前、昼に行ったことがあるのだが、親子丼とともに、日本酒の美味しさが忘れられず、夜も行ってみたいなと思っていた店。

ランチでは、上親子丼を予約したうえで店へ。お酒を飲みたかったので、1人前のみ親子丼の前に何品がついてくるコースに。親子丼はとろとろ卵と少し甘めのバランスの良いタレと火を入れすぎずに軟らかくもはごたえありの鳥とで、そりゃ美味しかった。

 

f:id:mamiwa02:20181110143757j:image

お店で使っている鳥は、比内地鶏名古屋コーチン、奥久慈のシャモニなど。中抜きすると肉質の劣化が早まるため、少しでも新鮮なものを使いたいと、鳥はまるごと仕入れて、店でさばいているそう。

で、この夜いただいたのは、鳥サラダ、おしんこ、鳥さし、地鶏の塩焼き、そして親子丼。もちろん、日本酒とともに。少し遅めの時間に行ったのと、この後もまだ飲むつもりだったので単品でオーダーしたけれど、ゆっくり料理を楽しむならコースのほうがお得かもしれない。

鳥さしは、くさみがあるとかないとかそんなレベルの話ではなくて、舌の上でじわじわ旨みがでて、これがまぁ、わさびと日本酒と合うのなんの。

そして、塩焼きが登場。皮がパリッとしていて、お肉は、味が濃い〜!!!うま味がすごい。ドーパミン出まくりでしょう。肉質もしっかり噛み応えがあって、滋味あふれる一品だった。

f:id:mamiwa02:20181110143831j:image
f:id:mamiwa02:20181110143834j:image
 

最後は、親子丼。

 

鳥さしも焼き鳥も日本酒も素晴らしくて、心も舌もすでに大満足だったのだが、親子丼(小サイズです)もやはり美味しくてペロリと完食。

f:id:mamiwa02:20181110143858j:image
f:id:mamiwa02:20181110143907j:image

f:id:mamiwa02:20181110143943j:image

 

ちなみに、地酒のメニューは写真ようなラインナップで、島根を中心に中国地方のお酒が多い。この日は、島根の月山と京都の玉乃井をいただく。玉乃井は、飲んだ後の余韻がすごくて、しばらくポーっとその芳香に浸ってしてしまうお酒。前回昼にいただいて、なんだこれは⁉ととても印象に残っていた。まぁ純米大吟醸で値段が値段(一合2200円)なので、そりゃ美味しいよな、って話なのだが。

他にワインや焼酎も置いてあるのでお酒も心ゆくまで満喫できる。

店内では、常連さんらしき、人々が楽しそうに飲んでいて、雰囲気もよい。

あ、でもランチはめちゃ混みなのでややバタバタした感じかな。人気店なので、どちらも予約していったほうがいいかな。

何はともあれ、鳥ずくし、かつ至福の夜でした。

ちになみに、大正創業の湯島の「鳥つね」の分店とのことで、そちらにもそのうちお邪魔してみたい。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[鳥つね 自然洞]
営業時間:昼11:30~13:30、夜17:30~21:00
定休日:日曜日、祝日
TEL:03-5818-3566
住所:東京都千代田区外神田5-5-2
アクセス:東京メトロ銀座線「末広町」駅(2番出口)から徒歩2分
JR山手線「御徒町」駅(南口)から徒歩7分
JR山手線「秋葉原」駅(電気街口)から徒歩10分

 Google マップ

【プロフィール】フリーライター・浮世絵&蕎麦屋愛好家のマミと申します

こんにちは。フリーライター・浮世絵&蕎麦屋愛好家のマミと申します。

ゆるくゆるくブログを更新してきましたが、最近好きなことややりたいことがクリアになってきたので、もっといろいろなことを発信していきたいなと思い、まずはと自己紹介ページを作ってみました。

 

■プロフィール

・神奈川県横浜市在住

・1981年生まれ

・ひとり暮らし

フリーライター

 

■簡単な経歴

20代の頃に接客業の傍らでフリーライターをはじめました。女性向けライフスタイルメディアや横浜の地域情報サイトなどをメインに執筆。

その後は、女性向けライフスアイルメディアや訪日観光客向けWEBマガジン、お出かけ情報サイトなどで編集業務に携わりました。(すべてWEBです)現在はフリーライターと、旅行系のWEBマガジンで編集アシスタントをしています。

 

■仕事の得意分野

旅行・観光、食、おでかけ情報など。

 

■今後やりたいこと

日本文化をもっと発信していきたいです。特に、江戸時代が好きなので、本格的に勉強して、江戸から続く、食、浮世絵などの文化や、江戸から学べるライフスタイルや女性の生き方などを発信していけたらと思っています。

 

■趣味

日本文化が好きになってから、趣味が増えました。

 

・相撲

今の彼氏が好きだったことがきっかけで見ていたら、好きになってしまいました。国技館にも足を運んでいます。角界はいろいろありますが、良くも悪くもやっぱり日本に古くから続いているスポーツは他にないわけで。日馬富士が好きでした…(泣)。今は栃ノ心鶴竜嘉風などを応援しています。

 

・鎌倉彫

鎌倉彫とは鎌倉に伝わる伝統工芸品です。ものすごくゆるいペースですが、教室に通い作品を作っています。自分たちがやるのは、彫りの部分で、漆は職人さんがやってくれます。浮世絵も好きだし、なんか彫るモノが好きなんでしょうかね。

 

・旅行

主に国内。温泉と寺がある地域によく行きます。

 

・浮世絵鑑賞

鑑賞していて美しいだけでなく、バリエーションが広く、また、江戸の風情が生き生きと感じられるのがおもしろくて、ハマってしまいました。王道すぎですが、北斎と広重はやっぱり好きです。北斎は絵の中の人が生き生きしているのがおもしろい。広重は旅情たっぷりなところがいですね。最近は春画にも興味津々。美術館に行ったり、本で勉強したりしています。

 

蕎麦屋

30代に入り、蕎麦屋酒を覚えてしまい、蕎麦屋の楽しさに開眼。たまにひとりでもふらっと。本当はもっと行きたい。

 

・他好きなもの

古典酒場、温泉、寺、クラフトビール(普通のビールも好き)、焼き肉屋(肉というより焼き肉屋ね)、ご当地グルメ、が好きです。

 

■ブログの内容

日本文化をテーマに、蕎麦を中心に和食や飲み屋浮世絵、国内旅、お出かけ情報などをつづっております。

 

以上です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ホッとする味とこれぞ老舗的な店内。上野「翁庵」で女ひとり飲み【蕎麦前紀行】

f:id:mamiwa02:20181110002607j:image

すごく行きたいのだけどなかなかタイミングがなくて行けなかった上野の蕎麦屋「翁庵」に行ってきた。

この店、20時には閉店してしまう。平日はなかなか行く機会をつくれず、彼氏との蕎麦前率が高い日曜は休み。土曜は昼まで寝ているし、夜はゆっくりお酒を飲むため、20時には閉店してしまうとなると、あまり飲めずに蕎麦でお腹が膨れてしまうので行けない…。

が、この度念願叶って、初訪問。

打ち合わせの後に、久しぶりに上野の美容院を予約していたのだが、その間に少し時間が空いたのだ。

チャンス到来!とばかりに、上野に着くなり急ぎ足で向かった。憧れの蕎麦屋へ早く!という気持ちと、美容院の時間まで1時間を切ったので、なるべくゆっくりできる時間を作りたかったのだ。

相変わらずの(店の前は何度も通っていた)歴史ある佇まいに、胸をときめかせながら、引き戸を開ける。

と、そこで広がっていたのは、ザ・ノスタルジック・蕎麦・ランド。やばい、好き。まだ蕎麦食べてないのに期待以上!

店内には、老舗料理屋の店内に飾ってあるものツートップ、落語家のサインと力士の写真がお目見え。テンション上がる。

で、頼んだのが、看板メニューともいえる油揚甘辛煮(350円)とビール。油揚甘辛煮はたぶん日本酒のほうが合うとは思うのだが、時間的に1杯しか飲めないのでビール飲みたい欲に負けた。

f:id:mamiwa02:20181110002711j:image

味わいはというと、濃いめでじゅわっとしていて、お酒に合う。うんおいしい。気取ってない味。これで350円はうれしい。次来たときは日本酒といただきたい。

さて、一人では結構なボリュームの油揚げを平らげ、蕎麦は、人気のねぎせいろをチョイス。やってきたのを見ておどろいた。ねぎだけじゃなくて、いかのゲソ天ぷらがあたたかい汁に入っている。

f:id:mamiwa02:20181110003528j:image

蕎麦だけ味見し、汁につけて蕎麦を食べる。油揚げと同じく、汁もやはり少し濃いめ。蕎麦は適度なコシとのどごしと、ほんわか蕎麦の香りで、ちょっと優しい感じがした。そんな蕎麦とネギとゲソとをほおばる。おいし〜!なんというか、店の雰囲気と同じく、ホッとする味だ。

接客はとても感じくて、一人で酒を飲んでいる人も多く、たいそう居心地がよかった。

いや〜満足満足。ごちそうさまでした。ぜひまた再訪したい。

 

⬇応援クリックしていただけるとうれしいです⬇︎


食べ歩きランキング

[翁庵 (おきなあん)]
営業時間:11:00~20:30
定休日:日曜日、祝日
TEL:03-3831-2660
住所:東京都台東区東上野3-39-8
アクセス:東京メトロ日比谷線上野駅より徒歩2分、JR各線上野駅浅草口/広小路口より徒歩4分

Google マップ